New York ものがたり

3年ぶりに東京に戻っています!逆カルチャー・ショックや浦島太郎ぶり、ニューヨークとの比較などをアップしていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの国立公園  

『アメリカの国立公園〈2003-2004)地球の歩き方』を購入。知人0さんの薦めもあるが、もともと世界遺産とか大好きなので、ヨセミテやグランドキャニオンにはぜひ行ってみたいと思っていた。

アメリカは「国立公園」という概念をはじめに確立した国。貴重な自然がたくさん残されていて、この大自然に触れることなくアメリカを語ってはいけないらしい。

勉強が一番。でも、できるだけ留学生活をエンジョイしたいと思う。
スポンサーサイト

ニューヨーク便利帳

blog060404.jpg

「ニューヨークに行くなら必携!」と言われ知人に勧められたのがこの本「ニューヨーク便利帳〈2005年版)」。長期滞在や留学、観光から出張まで役立つディープな生活情報が満載。「知る」「見る」「遊ぶ「楽しむ」「食べる」「買う」「暮らす」「医す」「学ぶ」という項目に分かれており、とても使いやすい感じ。NY在住スタッフが足で集めた…というので、最新&確実な情報に期待。

■TIPS
オンライン版便利帳シリーズ
「便利帳シリーズ」をオンラインで見るためのサイト。「便利帳」発行後に、本誌の情報を無料で公開しているとのこと。「本」の方は、いつでも持ち運べる良さもあるので、サイトも併用してより便利に活用するといいかも。

所得税(還付申告)

給与所得者(サラリーマン)の場合、「年末調整」により所得税が精算されるので申告をする必要はない。私の場合、今年度中に再就職する予定がないので、来年春に自分で確定申告(=還付申告)をする必要がある。

還付申告の場合は、5年分さかのぼって申告することができるので、帰国後に申告することも可能。でも、海外から確定申告をするには、以下の方法がある。
・申告書を海外で作成し、郵送で送る
・納税管理人を立てて、代理で申告してもらう

うちの場合は、夫が自営のためいずれにしても海外から確定申告をしなくてはならないため、父を納税管理人に立てることにした。

ところで、税務署ってかなりショボイ。建物も内装もすごい質素。「納税管理人届出書」は"わら半紙"で、それも"黒のカーボン紙"を使って複写して控えを作成する。"わら半紙"も"カーボン紙"も、すごく久しぶりに見た(笑)。まぁ、税務署がピカピカなのも、納税者から反感を買うと思うけど。

■TIPS
国税庁 確定申告等情報

申告方法、Q&Aの他、画面の指示に従って金額など入力することにより確定申告書を作成することができる「申告書作成コーナー」などがある。ちょっと情報が多すぎて分かりにくい感じもあるけど、まぁここをじっくり見れば確定申告はOK。

日本食スーパー

ボストンに住んでいる夫の友人T氏から耳寄りな情報を聞いた。

「NYからハドソン川を隔てて西側のニュージャージー州にはミツワという大きな日本食スーパー(元ヤオハン)があり食材から日用品まで何でも手に入ります。マンハッタンとの往復シャトルバスもあってとても便利でした」

彼女は、彼女のダンナさんの転勤でボストンに住んでいるらしい。もう4年になるとか。
割と近くなので、アメリカで会えるかなぁと思っていたのだが、ちょうど入れ替わりで帰国するらしい…残念。

アパート探し

マンハッタンの住宅事情は、想像に違わず厳しいらしい。
同僚S氏も「新聞売り場にみんな並んでいて、まるでチケットぴあ状態」と言って、私を不安にさせる。

大学院からの合格通知と一緒に、Housing Guideが送られてきた。探し方のコツ、ルームメイトの選び方、不動産用語、不動産屋との交渉の注意点…etc.etc.事細かに解説してある(合格書類の中では、実は一番立派な冊子かもしれない)。

元同僚のN君がNY駐在しており、何かと役立つ情報を教えてくれてとても心強い。私がアパート探しを心配していると伝えると、日本人の不動産屋を紹介してくれた。

そこで、贅沢を言っている気がするが(笑)、まずは「希望」ということで条件を伝えてみた。

◎時期
6月末~語学学校へ通うため、6月20日過ぎに渡米予定。はじめ1カ月は寮に住み、その間に家を探す予定です。7月中旬頃~の入居を希望。

◎希望地区
通学に便利なダウンの方を希望。
スーパーが近いなど、生活もしやすければなおよい。

◎予算
できるだけリーズナブルに。15万以内に収まると嬉しい。
夫婦ふたりなので、Studioタイプか1ベッドルーム程度。

うーん、どんな家に住めるのだろう?
「マンハッタンでは、何回も引越するのは当たり前」と聞いたこともあるし。
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。