New York ものがたり

3年ぶりに東京に戻っています!逆カルチャー・ショックや浦島太郎ぶり、ニューヨークとの比較などをアップしていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電話開通

ようやく電話開通!本当は到着時(1週間前)にはセットされているはずだったのに。さらに、本当は昨日工事をしたのにつながっていなくて、「朝までには開通する」と言われたが、やっぱりつながっていなくて、今日再工事。この辺、アメリカは融通が利かない(…というか、日本があまりにもちゃんとしているのか?)。

とにかく、ようやく電話がつながり、ホッとした。
この1週間、インターネット環境や電波を探してウロウロする日々だったが、ようやく落ち着いてインターネットできるようになった。
さすがアメリカオンライン、さくっと接続できた。アメリカに来る方にはやっぱりおすすめプロバイダ。

ぼちぼち記事や写真をアップする予定。コメントも返事します!
スポンサーサイト

アメリカっぽいこと?

今日から語学サマーコースがスタート。
本当は先週金曜日に、授業の登録と授業料の支払いを済ませなくては行けなかったのだけど、レジストリーオフィスに行ったら「システムが止まったので、来週また来い」と言われて、再度訪問。

ところがなぜか登録できなくて「International Students Officeへ行け」と言わ
れた。理由を聞いても「I don't know」。学校だけでなくあらゆるケースで「自分の管轄じゃないことは知らない」ということが非常に多い。まぁ、それだけ分業が進んでいるということかもしれないけど。

そこで、10ブロックも離れたInternational Studens Officeへのこのこ歩いて行ったのが、そこでは「君は何でここに来たのか?」(苦笑)。「行けと言われたので来たのです、理由は聞いたけど知らないと言われました」。「そうか、ちょっと調べてくる」。

...と言った、効率の悪い会話が続き、しばらくしてようやく問題解決。
私は留学生で、かつ、語学学校のため早く来ているので、別なプロセスが必要だったらしい。そんなことは誰も事前に教えてくれなかったけど。

そして、再度レジストリーオフィスへ。ようやく登録も支払いも済ませることができた。なんだかアメリカっぽい(?)ことに振り回された一日。

Beautiful, sunny, comfortable day!  

今日はとても爽やかないい天気。まるで軽井沢かどこかの高原にいるようで、ちょっと肌寒いくらい。相変わらずネットの調子が悪いので、近くの公園でメールチェックしている。

昨日、プリペイドの携帯を手に入れた。約2時間使えて99ドルくらい。こちらの携帯はかける方もかかってくる方も料金がかかる。要は「使った分は支払う」というシステム。ショートメールは流行っているけど、カメラ付きとかWEBが見られる、とか日本のような高機能はあまり発達していない。まぁ、ようやく、社会とつながった感じでホッとしている。

このブログにも書きたい話やアップしたい写真がいっぱいあるんだけど、早くパソコン・ネット環境を整備したい。明日、固定電話がつながる予定。日本の状況と同じで、最近は固定電話を持っていない人も増えているらしい。何かの手続きに固定電話が必要ということもないらしいし、別に困らないらしい。

陸の孤島

家からのネット接続が不安定になってしまった。まだ電話もつながっていないし、ネットが使えないと、陸の孤島状態になってしまう。来週から語学学校が始まるので、今週末はアパート探しをしたり友人と会ったり、精力的に過ごす予定だったのに、思うように身動きとれない。すっかりネットや電話なしでは生きていけない。いつから世の中はこうなったんだろう?

今は近所のスタバで、微妙な電波を頼りにメール送受信や調べものをしているところ。ブログもなんとか更新。

地下鉄&バス

マンハッタンは地下鉄・バスが縦横無尽に走っているので、とても便利。地下鉄は24時間、バスは朝5時台から深夜0時半くらいまで走っている。料金は1回2ドル。地下鉄からバスへ乗り継ぐ場合は割引になる。メトロカードに10ドル、20ドル…のようにチャージして使うか、1週間・1カ月単位でアンリミテッドになっている定期券のようなものもある。昨年値上がりしてかなり不評とのことで、「10ドルチャージ(5回分)で2ドル(1回分)オマケ」のような料金になっている。

来週月曜から語学学校が始まるので、1カ月単位の定期券(70ドル)を購入する予定。
今回初めてバスに乗ってみたが、ビックリしたのは、降りるとき後ろのドアが手動なこと。手動といっても、ちょっとプッシュした後は自動で開く。ドアが開くのをぼーっと待っていると、うっかり降りそびれてしまいそう(笑)。でも、バスはやはり渋滞が気になる。夕方のミッドタウン(特にタイムズスクエア周辺)は非常に混雑するので、地下鉄に乗るか、歩いてしまう方が無難みたい。時間に余裕があるときは、のんびり街を眺めながらバスに乗るのがおすすめ。

Chance of Shower

天気予報で「Mostly cloudy, chance of Shower」と言っていたので、にわか雨が降るくらいかな、と思っていたら、とんでもない雷&嵐に。すぐ止むと思って、ビルの軒下に座って情報誌や不動産物件を見ながら雨宿りをしていたけど、1時間待っても止まず、仕方ないのでタクシーを拾って帰った。

そう言えば、「Sex and the City」で、キャシーが同じようなシチュエーションで雨宿りをしている時に、好みの男性が隣にやってきたので話しかけたんだけど失敗する…というシーンを思い出した。確かに30分もあれば、出会いのきっかけとしては十分かも。ちょっと話をしてお互いいい感じだなと思ってメールアドレスを交換する…くらいは可能だろう。

ちなみに、タクシーは日本に比べると割安なので気軽に乗れる。初乗りが2.90ドル。2~3人なら、距離によっては地下鉄よりも安く移動できる。ただ渋滞には注意が必要。今日は急な雨で、タクシーを拾った人が多かったらしく、なかなか拾えなかった。待っている間にびっしょり。

デリ飯

blog062504.jpg

マンハッタンにはあちこちに「デリ」がある。食材や総菜を計り売りで購入したり、サンドイッチをオーダーしてその場で作ってもらえたり、具だくさんなスープやコーヒーを入れたり…と気軽に楽しめるお店。早朝から深夜までオープンしていて、まさにニューヨーカーの食卓という感じ。

私も頻繁に活用しているが、昨日、初めてサンドイッチをオーダーしてみた。基本的なサンドイッチをオーダーする以外に、「チーズを入れて」「マスタードを抜いて」など、かなり細かいオーダーに答えてくれる。だいたいサンドイッチは5ドルくらい。私は基本的なターキーサンドを頼んだ。お肉をその場で焼いてくれてアツアツでジューシー。おいしかったんだけど、やっぱり超ビッグサイズなので、半分持ち帰ってしまった。

持ち帰ったサンドイッチは、パンと中身を分けてアレンジして、別なおかずとして今晩の食卓に並べた。デリはその場でさっと食べるだけでなく、こんな活用法もある(笑)。

Placement Test

今日は、来週から始まる語学サマースクールの実力判定テストを受けた。

結果はListeningが今ひとつだったものの、まぁまぁな感じ。予定通りIntensive Language Courseを6週間受講することに。その後、9月から大学院が始まる際、再度テストがあるが、そのテストの結果次第で、授業と平行して英語のクラスも受講することになるそう。

大学の近くには、昨年オープンハウスというイベントに参加したときに来て以来だが、その時とは全く気分が違う。オープンハウスの時は緊張して胃が痛かったが、今は授業に向けてワクワクしている。

rOBOT rEBELLION

ニューヨークに着いて翌日(6/23)、学校のAdmissions Coordinatorが教えてくれたイベントに行ってみた。Hudson River沿いのFlying Panという場所で、動いていない船を改造したクラブのようなところ。夜景も美しいし涼しいし、船の中は古くていい感じの味が出ていて、なかなかクールな会場だった。

イベントの内容はひとことで言うと「現代アートの出し物いっぱい」。モダンダンスあり、漫談(?)あり、フィルムあり、演奏あり…。おもしろい作品がたくさんあったけれど、自己満足で終わっている作品もあり、「いくら現代アートだからって、むやみに意味不明なのもどうか!?」と思ってしまっ

街の人々ウォッチング

今は結構暑いのだけれど、日本と比べると湿度が低いのでとても爽やか。川に挟まれているせいか、いつも心地よい風が吹いている。
日本の蒸し暑い夏に比べると過ごしやすいし、夕方は涼しくなるのだけど、みんな露出度が高く、女性は下着並みのタンクトップにヘソ出し度が高い。ほとんどの人が素足にサンダルでペディキュアをきれいに塗っている。パンプスも素足で履いているが、痛くないのだろうか?紫外線は気にしないのか、帽子をかぶったり日傘をさしたりしている人はほとんどいない。

自転車に乗って颯爽と車道を走っていく人も多いが、ローラースケートも流行っていて、通勤や通学に利用している様子。

ペットOKのアパートも多く、犬を飼っている人が多い。「9.11(ナイン・イレブン)」の後、ストレスを感じている人が多いらしく、特に最近ペットを飼っている人が増えたそう。

はじめての自炊  

blog062404.jpg

これまで観光で数回ニューヨークに来ているが、生活する視点で見るとまるで違うものが見えてくる。これまで、「マンハッタンにスーパーマーケットあるのかな?みんなどうやって生活してるのかな?」とか思っていたけど、結構生活感あふれる店がいっぱいある。

夫の留学をアレンジしているコーディネーターの方が近所に住んでいるため、ミッドタウンの「使える店」をいろいろ教えてくれるので、助かっている。

今日は初めて自炊に挑戦。あさりと野菜たっぷりのトマトベースのスープと、ほうれん草とベーコンの炒め物を作ってみた。調味料が不十分なんだけど、まぁまぁのできあがり。

<ミッドタウンの使える店いろいろ>
・タイムワーナーセンターの地下にあるWhole Foods Markets。
コロンバスサークルの近く。ORGANIC FOODS中心のラインナップで、ありとあらゆる食材が揃う。「ちょっと高いけど、ここのお肉を食べると他で食べられない」と地元の人が大絶賛するほど人気がある。スープに入れた貝とベーコンはここで購入。ベーコンは日本で売っているものより断然おいしくてビックリ。

・FARMERS MARKET
52nd street.沿い、8~9th ave.の間。
野菜や果物が新鮮で安い店。いきなり東南アジアかどこかの市場に来たような雰囲気。キャベツ、人参、ズッキーニ、タマネギ、ほうれん草、マンゴーなど買って、3ドルちょっと。水や卵、パンなども売っている。

・RITE AID
50th streetの角、8th ave.
ドラッグストア。日用雑貨、薬、文房具、家電、雑誌、お菓子、ジュース…生鮮食品以外は何でも揃う。トイレットペーパーを購入!生活感いっぱい。

・Food Emporium
50th~49th streetの間、8th avenue沿い
いわゆる何でも揃うスーパーマーケット。
牛乳やシリアル、ブイヨンなどを購入。ポイントをためると特典のあるカードがあり、早速会員になってみた。どんな特典があるのかは、まだよく分からない。

・Yagura
41st street、5th avenueの辺り。
日本食スーパー。いきなり日本に戻ったみたいな気分。日本で売っているより1.5~2倍の値段がするが、日本食が恋しくなったら来てみようと思う。

・Zaiya
Yaguraの隣。「コロッケパン」などの日本っぽい総菜パンなど置いてあるパン屋。ニューヨークに住む日本人に重宝されているらしい。日本語の無料フリーペーパーも置いてあるので、活用したい。

・BOOK OFF
Yagura、Zaiyaと同じ並び。1Fは日本語の本中心でほとんどがコミック。1ドルくらいで売っている。2Fは英語の単行本、雑誌など。私が日本で売ってきた本がこっちで売ってたら笑っちゃうな。この店も上手に活用して節約に役立てよう。

と、まぁこんな感じで生活がスタート。

2日目のこと

昨日は一日歩き回って、生活のセットアップを開始。日本で不規則な生活を送っていたおかげで(?)時差ぼけもほとんどない。夜はイベントに出かけたりして、到着早々から、最後のパスが走っている時間まで(0:30)遊んでしまった。その後、疲れてバタンキュー。
夏は夜が長いため、みんな遅くまで遊んでいる。0時すぎまで犬の散歩をしたり、バスケしたりサッカーしたり。冬が長いので、夏は思いっきり遊ぶのだそう。

また今から出かけるので、細かいことはまた後ほど。

時間訂正

今、夏時間だった。時間設定を訂正。

無事到着

blog062304.jpg

いろいろハプニングがあったけれど、無事に到着!
(★ダイアリーの時間設定も現地時間に直してみた)

とにかく荷物検査が厳しくてびっくり。ランダムチェックというのに当ってしまい、預ける荷物も手荷物もすべてオープン、パソコンもデジカメも電源を入れさせられた。入国審査では、ビザ所持者は全員指紋を取られるほどの徹底ぶり。安全対策とはいえ、気持ちのいいものではない。

仮住まいアパートは新築でとてもきれい。でも、まだ電話もテレビもつながっていない。インターネットはどこかの無線LANを勝手に拾っているようで(笑)、つなぐことができた。

夏は夜が長いとかで、9時近くまで明るい。散歩がてらご飯を食べたり、朝食の牛乳とシリアルを買いにいったりした。

なんだか、まだ全然実感がない。。。

いってきます!

いよいよ今日17時の飛行機で出発。台風一過ですばらしい快晴、旅立ち日和。
大変なことも多いと思うけど、思いっきり楽しみたいと思う。

もうすぐ本当の「NEW YORKものがたり」になるので乞うご期待!

猫、ふたたび脱走

隣(夫の実家)に預けた猫が、再び脱走。やはりまだ新しい環境に慣れないらしい。台風の影響で大雨が降る中、ここの家に帰ってきてしまった。すごくリラックスして嬉しそう。何だか切ない。本当に連れて行けたらいいんだけど(涙)。

おじゃる丸

実は「おじゃる丸」というアニメが大好き。毎日18:00~18:10までNHK教育で放映されている。ほんわか・まったりしていて、かつシュールなネタも多く、オトナも楽しめる。毎日ビデオに録画しておいて、夜に見るのが日課(最近は留学準備で忙しく、ためてしまっていたけど)。ストレスも疲れも癒される。以前、マクドナルドのハッピーセットでおじゃる丸シリーズを展開しているときは、ふだんハンバーガーなど食べないのにオマケを集めるために無理に食べたりしたほど。

「おじゃる丸」を見られなくなってしまうのも、超残念。

■TIPS
NHKアニメワールド「おじゃる丸」
→公式サイト。ぬりえとかカルタもある。もちろん作った(笑)。

私設おじゃる丸ファンサイト 満月ロード
→登場人物紹介など、ものすごく凝っていてわかりやすい。おじゃる丸初心者はぜひこのサイトから。

電子辞書

今まで使っていた電子辞書は英英辞典が入っていなかったのでオークションで売っちゃって、新しいものを購入。セイコーのSR-7000。デザインがイマイチ気に入らないんだけど、英語重視の辞書のラインナップが充実しているので、これに決定。
本当は発音機能付きのものがほしかったけど、これだけ辞書が揃っているタイプで発音機能付きはなかったので、仕方ないか。

■TIPS
セイコー電子辞書 商品ラインナップ

お願いごとマニュアル

留学中の郵便物のこと、銀行口座のこと、猫の世話のこと、家賃のこと…など、夫の実家にお願いすること一覧をマニュアルにした。

いろいろサポートをお願いすることになるので、口頭でこまごま説明するのは難しいし、覚えてもらう方も大変なので。

パッキング

持っていこうと思っているものを、いざパッキングしてみたら、全然入らなかった(32kgの荷物を2個預けられるが、そんなに持てるはずもない。笑)。

仕方ないので急遽2箱別便で送ることにした。
送るのは郵政公社の船便とSAL便を併用する。明日、出発前の午前中に集荷に来てくれる(無料)。

最終的に荷物はふたり合わせて以下の通り。
・トランク2個
・キャンバス地の大きめのカバン2個
・機内持ち込み用バック2個
・船便で送る荷物(冬服)2箱
・SAL便で送る荷物(本や日用品など)2箱

かなり荷物は少なくしたつもりだけど、やっぱりそれなりに「引越」っぽい量がある。

どうでもいいけど、郵政公社って最近かなりがんばっている気がする。電話や窓口の応対がとてもいい。窓口にはそれぞれ「私は明るい応対を目指します。○山×子」という目標も掲げてある。

■TIPS
荷物の送り方(過去記事)
手荷物の持って行き方(過去記事)

掃除

家の中の片づけと平行して行っていたが、お掃除もほぼ終了。

最終的にはハウスクリーニングを入れるので、若干手抜きしているものの、しまい忘れのものがないかどうかチェックしながら、一通り掃除した。棚の上の方とか一番下の方とか、意外な場所から、しまい忘れているものが続々出てきて(笑)、慌てて箱に詰めたりした。

車の洗車もOK。時間がないので、ガソリンスタンドで車内外ともにお願いした。

撤収

この1カ月以上、1週間のうち半分くらいは、片づけに費やしていた気がする。午前中10時頃~夕方まで汗だくになって片づけをして、シャワーを浴びて、夜は飲みに出かける…といった、まるで部活動の夏合宿のような日々だった。毎日飲み会がなければ、きっといいダイエットになったはず(笑)。

国内の引越と違うのは、持っていかないものは処分するか保管するかしなくてはいけないということ。おかげで、今回ずいぶん不要なものを処分してスッキリ身軽になった。自分の持ち物のうち、1/3くらいは捨てたんじゃないか…というくらい、たくさん処分した。

今回、いろんなものを処分していて感じたのは、不要品を活用するマーケットが活況だということ。家計にも環境にもやさしくて、いいことだと思う(経済全体への影響はどうなのか微妙)。

ところで、オークション、BOOKOFF、フリーマーケット…などで不要品を処分して生まれたお金は、約98000円。ホント、バカにできない。

ケータイ解約

ケータイも解約。最近はどこの業者も海外ローミングサービスをやっているが、かなり割高。出張の多いビジネスマンには最適だけど、2年住む場合はやはり現地で購入した方がいいらしい。ニューヨークでは、verizonという業者が常時接続(インターネット)、固定電話、ケイタイ電話などをサービスしていて便利らしい。

ケータイは出国ギリギリまで使う可能性があるので、M夫妻にお願いして代理解約を依頼。私が契約しているのはボーダフォンだが、ボーダフォンの場合、専用の委任状フォーマットがあるので、これに記入して提出。

■TIPS
ケイタイ各社の海外向けサービス。出張の多い人は便利。
ドコモワールドサービス
ボーダフォングローバルスタンダード
auグローバルパスポート

suica払い戻し

suicaも解約。
みどりの窓口へ行って本人確認後、書類を書いて払い戻し。suicaを作ったときに払った500円のデポジットが払い戻される。

デパートカード解約

一番お気に入りのデパートは伊勢丹。結構しょっちゅう買い物している。
年会費がかかるので、退会手続きをした。
「休会」という扱いはないそうなので、仕方ないので退会。電話一本でその場で使えなくなってしまう。

■TIPS
伊勢丹アイカード
毎年の利用額に応じて5~10%割引になる優待制度あり。

海外ではなかなか食べられない和食

出発の2日前となる昨夜は、うちを借りてくれることになったM夫妻が夕食に招いてくれた。もう家はすっかり片づけてしまい料理できないし、準備や片づけで忙しいので、本当に嬉しいお誘いだった。

メニューは和食。
それも、「海外ではなかなか食べられない和食」ばかりで、枝豆、かつおのたたき、冬瓜・アサリなど入った冷や汁、白いご飯に漬け物・ふりかけ…など、涙の出そうなものばかり。「お餞別代わりに」と気合いを入れて用意してくれて、感動的に美味しかった。

あ~、しばらくはこんなメニューは食べられないんだろうなぁ。。。

餃子ふたたび

6/19(土)は、高校の時のフェンシング部の仲間と、久々に集まった。
場所は、前にも別の会合で集まった餃子のうまい中華料理屋

この仲間も大好き。
高校1年からのつきあいだから、もう人生の半分以上知り合っていることになる。
メーリングリストもあって、だいたいが「超くだらない話」だが、たまに「超まじめな話」をしていて、両極端な感じ。
高校のときは部活ばかりしていた気がする。朝練して、昼休みも練習して、午後も遅くまで練習していた。一日中ジャージの日もあった。人生の一時期にすごく濃い時間を共有しているせいか、だいたいお互いのことは理解していて、しばらくぶりにあってもすぐに居心地のいい空間ができ、盛り上がっている。

この仲間のひとりMちゃんは今はドイツにいるのだが、偶然にも1年間ニューヨークの別な大学院で勉強するという。すごい嬉しい偶然!

はとバス

これから海外で日本のことを紹介するのに参考になるかなぁと思い、外国人観光客が乗る英語版のはとバスに乗ってみた。
午後半日コースで料金は5000円。浜松町を出発して「貿易センタービル展望台」→「銀座(バス内から見学)」→「皇居前(写真撮影のみ)」→「浅草」→ 「隅田川クルージング」。4時間の割に充実していて、日本のことを何も知らない外国人や、時間がない外国人にはおすすめ。日本に来ている外国人観光客に、手っ取り早く日本を紹介するにはよいコース。

知らないこともいっぱいあったし、英語での紹介の仕方も勉強になった。一番、ビックリしたのが「八重洲」という地名は「ヤンヨーステン」というオランダ人の名前から付いた…とういこと(15へえ)。
天気もよくそれなりに楽しいツアーだった。特にクルージングが気持ちよかった。
気になるのは浅草寺のおみくじ。はじめ「末吉」だったので、もう一回引いてみたら「凶」だった。ちゃんと結んできたので厄払いになるといいんだけど。

ただ、当たり前だけど、「日本に来ている外国人観光客向け」なので、「これから海外へ行って日本を紹介する私」には、それほど有益ではなかった(笑)。


■TIPS
はとバスONLINE
「カブキナイト」とか「東京ナイトライフ」みたいなのが、もっとおもしろいかも。

干支の会

会社の同じ歳の仲間で作っている「干支の会」がある。もう5年以上も続いていて、年に数回集まって飲んでいる(ちなみに、全ての会に皆勤賞で参加した)。
各部署に適当にメンバーが散らばっていて、仕事の情報交換はもちろん、愚痴ったり励まし合ったり、各部への意見を率直に言い合ったり。同じ歳という共通点からか妙に気が合う仲間たちで、つらいときも楽しいときも、一緒に乗り越えてきた。

先週、2カ月ぶりに集まった。
今回、私と同じタイミングで、新しいスタートを切る仲間もたくさんいた。きっと、みんな違うフィールドで活躍しても、切磋琢磨していくんだと思う。

ちなみに次の干支の会はニューヨークで開催予定。
みんな、本当に来てくれそう。

粗大ゴミ

粗大ゴミを捨てるのも楽じゃない。
10年使った洗濯機、ずーっと壊れたまましまっておいたテレビ…など、古い家電を捨てようと思ったが、かなり高額になってしまうことが判明。「家電リサイクル法」の施行により、消費者がリサイクルにかかる費用を負担するという制度がスタートしているため、例えばテレビだと約2700円、洗濯機で2400 円、エアコン冷蔵庫が4600円…などのお金がかかる。それに業者の作業費や運搬費用も含めると、ひとつ捨てるのに7000~8000円くらいかかってしまう。

「ものを捨てるのにお金がかかる」ということに抵抗感があり、結局、捨てずに取っておくことにした(家を貸す際、納戸はそのままにしてもらうため、納戸に収納)。
新しいものに買い換える時に、古い家電を引き取ってもらう…というのが、一番安くて手っ取り早い。

テレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫etc.以外の家電や粗大ゴミについては、各地方自治体で有料で回収してくれるが、無料で引き取ってくれる業者があるので、近所のリサイクル業者をチェックする価値あり。ちなみに、うちの場合、近所の業者に依頼して、壊れたビデオだけは無料で回収してもらった。

■TIPS
家電リサイクル法
家電から有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量し。資源の有効利用を促進するための法律。
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。