New York ものがたり

3年ぶりに東京に戻っています!逆カルチャー・ショックや浦島太郎ぶり、ニューヨークとの比較などをアップしていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業イベントの手続きいろいろ

卒業が近くなり、学校から卒業関連イベントのスケジュールや各種手続きの案内が郵送されてきた。

(1)学部の式典、(2)学部長によるレセプション、(3)大学全体の卒業式前夜祭、(4)大学全体の卒業式…と、主なものだけで、1週間に4つのイベントが予定されている。これらのイベントの合間に、学科内で作品を発表するショーもあるので、かなり忙しい1週間になりそう。
(両親が来る予定だったのだけど、諸事情で来られなくなってしまったのが、すごく残念…涙)

これらのイベントに出るために、あれこれと手続きが必要で、これが結構面倒くさい。

■チケットの予約
(2)学部長によるレセプション以外は全てチケット制になってる。それぞれ申し込み方法が違い、電話やオンラインでチケットを予約。イベントによって、学生一人当たりの最大配布枚数が決まっているのだけど、とりあえず最大枚数を予約。同じ学科の後輩にあげてもいいし、他に興味がある人に来てもらっても構わないし。3種類のチケットは、それぞれ指定の日時に指定の場所へ受け取りに行く。


■ガウンと帽子のレンタル
(2)学部の式典と(4)大学全体の卒業式に出るには、「Academic Attire」と呼ばれる、ガウンと帽子の着用が義務づけられている。例の、四角いつばで房がついた帽子と、マントのようなもの。これは全員レンタルしなくてはならない。

学校指定の民間の衣装会社があって、そこからレンタルするよう指示される。オンラインで申し込めるようになっているのだけど、その会社は何十校か束ねているので、まず学校名を選び、次に取得する学位を選び、学部、学科、性別、背丈、体重、頭のサイズと順に選んでいき、最後に名前や住所を入力、クレジットカードで決済する。

興味深いのは体重を選ぶところ。「less than 200(90kg未満)」から始まり、「201-250」「251-300」「310-350」「351-400」と50ポンド刻みになっていて、最後は「Over 400(180kg以上)」。つまり、90Kg未満は同一サイズ、それ以上から180Kgまでの人はそれぞれに合わせたサイズが必要ということ。ガウンを選ぶのに体重を選ぶ必要があるのかと思っていたんだけど、そこはやはりビッグサイズのアメリカ、180Kgまで幅がある!

レンタル料金は約60ドル。衣装は返却してしまうので、記念品として「帽子の房」を別売りしているんだけど、これを購入すると約$70。まぁ、しきたりだから仕方ないとは言え、結構いい値段がするものだ。

これもチケット同様、卒業式直前に指定の場所へ受け取りに行く。


■その他卒業関係グッズのオーダー
これは個人の自由なんだけど、卒業証書を入れる額とか、卒業式の案内を出す人のための招待状&封筒など、卒業関係のグッズのオーダー。卒業証書を入れる額は、送料を入れて$150くらいかかる。
卒業関係グッズ以外にも、カレッジリングやマグカップをはじめ、学校名入りグッズはブックストアで常時販売している。


■ポートレイト(肖像写真)
これも個人の自由なんだけど、ガウンと帽子をかぶって記念撮影をしたい場合は申し込みできる。オンラインを通して希望の時間を予約できる。これは意外に安くて$12。フォトスタンドは別売りで、ピンからキリまでいろいろある。


「いい商売しているなぁ」と思いつつも、やっぱり「一生に一度のことだし…、せっかくだし…」と思って(苦笑)、別売りの「帽子の房」や「卒業証書を入れる額」をオーダー。ポートレイトも予約。

あれこれ手続きがあって、それぞれ手続き方法や締め切りが違うので、混乱してしまう。でも、学校からの案内にチェックリストがついているのが便利。「ガウンを受け取って、必要だったらアイロンをかけなさい」とまで書いてあって、なかなか親切。

学校からの案内をじっくり読みながら、間違いのないよう、数時間かかってやっと手続き終了。これで単位を落としたらシャレにならないので、あとはちゃんと勉強するのみ!?
スポンサーサイト

日本人は世界的に居眠りをする国民…!?

最近、やたら眠い。
ニューヨークもだいぶ暖かくなってきたせいなのか、ひょっとしたら現実(修論)から逃避しているのかもしれないけど…(苦笑)。

「どうして春はこんなに眠いんだろう?」と思って調べてみると、意外なことが分かった。

一番の原因は「新陳代謝が活発になるから」なんだそう! 血液が体の隅々まで行き渡り、皮膚や髪を新しく作り替えたり、食欲が増進するために、血液が胃腸に集まり消化吸収活動をするため、結果として脳に血液が行かずエネルギー不足になり、眠くなっちゃうんだとか。

…と、ここまでは、全世界共通。

何と、日本人は世界的に見ても居眠りをよくする国民らしい…!?

それは、日本人の主食が「白米」であることに、大きな関係があるんだとか。
白米が体内でブドウ糖に分解されエネルギーになる課程で、不可欠なのがビタミンB1。そのビタミンB1は玄米から白米に精製される課程でほとんどなくなってしまう。特に、脳はブドウ糖が唯一のエネルギー。ビタミンB1が不足すると白米がエネルギーに変わることができず、眠くなってしまうのだそう。

ビタミンB1は豚肉やウナギ、玄米、ナッツ・豆類などに多く含まれているので、こういった食品を積極的に採ることで、春でもシャッキリ暮らせるということ。ビタミンB1が不足すると、疲れやすくなったりだるくなったり、手足のしびれやむくみなどの症状が出ることもあるらしいので、意識して採るように心がけたいところ。

私は、最近、玄米をよく食べるのにおかしいなぁと思ったら、ビタミンB1は水溶性で体に蓄積されないため、コンスタントに採らなくてはいけないのだとか。そう言えばここ数日、玄米の登場回数が少なめだったかもしれない。

気温的には、最低気温が6度~15度くらいの時期に眠気を感じることが多いらしい。確かに、ここ最近のニューヨークも、最低気温が氷点下になることはなく、だいたい5~6度、暖かい日は10度くらいのことも。

それ以外にも、だんだん日が長くなってきて、活動時間が長くなることも、睡眠不足に結びつくらしい。さらに、日本の春は、年度の変わり目でもあり、進学や就職、転勤なども多い時期。こうした生活のリズムの変化で、忙しくて睡眠不足になったり、寝付きが悪くなったり熟睡できなかったりすることも関係するんだそう。


なるほど、特に日本人にとって春が眠いのには、ちゃんとした理由があったのか!
でも私には、年度の変わり目は関係ないので、「日本人だから春は眠い」という言い訳は、あんまり通用しないかも…(苦笑)。

…という訳で、早速今日は、五穀入り玄米を炊いてみた! しっかりビタミンB1を採って、眠気を吹き飛ばさなくっちゃ。
blog032906.jpg

日本人の「ふつう」

学校のグループ・プロジェクトで、メキシコ人1人と私を含む日本人2人でチームを組んでいる。他の国の人と一緒に取り組むグループ・プロジェクトは、日本人の国民性を改めて実感することが多い、貴重な機会。

「日本人はまじめ」と言われるけど、それは本当。日本人がふつうにやるべきことをやるだけで、他の国の人と差がつく。これまでもいろんな国の人とグループ・プロジェクトをやってきて、もちろん、ちゃんとした人もいたけれど、全体的に見て、日本人の方がちゃんとやると思う。

「時間通りに集まる」「期日までに自分のやるべきことをやってくる」といった当たり前のことにはじまり、課題への取り組み方から完成度に至るまで、日本人のクオリティは高い。

例えば、今、取り組んでいるグループ・プロジェクトでも、日本人はちゃんと期日までに決められた分担をやってくるけど、もう一人のメキシコ人は、全くやってこなくて、適当な言い訳をする。それでも「これはグループでやっているんだから、自分の分はきちんとやってね」と強く言ってやらせているんだけど、どうしてもいい加減なので、最後は日本人がまとめざるを得ないことも。今日も結局プレゼンテーションの数時間前に、日本人二人で仕上げてしまった…(苦笑)。

日本にいたときは、私は「ふつうにまじめ」なレベルだったと思うんだけどなぁ。この「ふつうにまじめ」というのが、世界的には特殊レベル。周りが日本人じゃないと「スーパーまじめ」になっちゃうんだから、不思議(苦笑)。

でも、こうやって世界各国の人と一緒にプロジェクトに取り組める環境は、やっぱりニューヨークならでは。日本の常識が世界に出しても恥ずかしくないレベルであることを実感すると共に、どうやって彼らを動かしたらいいか、とか、どの程度期待していいか、みたいなことも自然に身に付いてくるのかもしれない。


■グループ・プロジェクトに関する話題
日本人同士
エイプリルフール

桜みたいな、気になる木

東京はこの週末とても暖かくて、桜もだいぶ咲いてお花見に繰り出した人も多いとか。

ニューヨークは、相変わらず寒暖の差が激しい日が続いているけど、最近は、だいぶ暖かい日の割合が増えてきて、確実に春が近づいているのを感じる。

去年もこの時期に見かけて気になっていたのだけど、桜に似た木がある。
まだ、日当たりのいい場所で数本見かける程度だけど、今年もちらほらと花が咲き始めた。桜よりはもっと色が白くて大きくいんだけど、何となく日本の桜に似ていて懐かしくなる。この木はなんという木なんだろう…?
blog032607.jpg


日本の桜よりは、もっと長持ち。日本の桜があんなに美しいのは「一瞬の美のはかなさ」なんだろう、としみじみ思う。

ニューヨークにも、日本と同じ種類の桜が咲く場所があるんだけど、どうしても4月は学期末なので、「のんびりお花見」という気分ではない。ニューヨークでは、屋外での飲酒は禁じられているので、お酒は飲めないし。


■最近の気候の話題
Spring Arrives…!?
束の間の春!?

全米一、空気が汚い街

最近「ニューヨーク州は全米で一番大気汚染が進んでいる」というニュースを見た。別に驚くほどのニュースではなく「やっぱりな」という感じ。

ロサンゼルスに行ったとき、ものすごい車社会を目の当たりにして、大気汚染がかなり進んでいるような感じもしたけれど、「あぁ、やっぱりニューヨークなんだ」と。実際、第2位がロサンゼルスのあるカリフォルニア州ではあるんだけど、カリフォルニアは広いので、2位になるのかもしれない。

空気の汚さを表す目安として、「一生この空気を吸い続けると、100万人あたり68人がガンになる可能性がある」ということだけど、これも何だかわかりにくい(苦笑)。

もっと身近に、空気の汚さを実感することが多い。

例えば、ニューヨークでは屋外に洗濯物を干してはいけないというルールがあって、初めはやっぱり日に干したくて違和感を感じたけど、暮らしてみると、空気が汚いので「干してはいけない」というより、「干したくない」という気分になる。長時間外出した後、お化粧を落とすときに脱脂綿がうっすら汚れていることもある。私はもう慣れてしまったのだと思うけど、日本から来る友人たちの中には、喉が痛いと訴える人も。

まぁ、人口密度が高いし車も多いから、仕方ないのかもしれないけど…。ニューヨークでは、エコタクシーの運用とか、ゴミの分別収集・リサイクルへの取り組みとか、環境問題には積極的に取り組んでいる模様だけど、アメリカそのものが、二酸化炭素量の削減が目的の京都議定書にサインしていないし…。

ニューヨークの空がきれいになるのは、まだまだ時間がかかるんだろうなあ!

blog032606.jpg


■環境問題に関する過去の記事
目が点

ニューヨークのベストコーヒー「71 Irving Place」

とっておきのカフェ「71 Irving Place」のご紹介。
(ずいぶん前に行ったんだけど、紹介していなかった…)。
blog032506.jpg


ここは「The best cup of coffee in town」と言われるだけあって、本当にコーヒーが美味しい。これまでニューヨークのカフェで飲んだコーヒーの中で、一番かもしれないと思う。深みとコクがあって、コーヒー党の私にはたまらない味。

ニューヨーク州の北部にIrving Farmという独自の工場を持っていて、厳選した豆を丁寧にローストしているらしい。コーヒー好きな人にはぜひ試してほしい。

店内の雰囲気も、適当に古びた感じがして落ち着く。でも、人気があるので、いつのぞいてもまぁまぁ混んでいるかも。まだコーヒーしか試したことがないんだけど、サンドイッチやマフィンなども美味しいらしいので、本やパソコンを持ち込んでゆっくり居座りたい店。

場所は店名のまま「71 Irving Place」。Irving Placeとは、賑やかなユニオンスクエアから一本東側に入った通り。一本入っただけでいきなり落ち着いて洗練された雰囲気になる。6ブロック程度の短い通りなんだけど、高級感あるおしゃれなレストラン、バー、ブティックホテルなどが並んでいる。

実は昨年夏にアパート探しをしているとき、この辺りのアパートを紹介されて、すごくすてきだったんだけど、部屋の広さの割にちょっと高かったので諦めたことがある。この通りに住めたら、便利さと落ち着きを両方手に入れられていいなぁと思う、憧れの通り。


■Irving Farm/Cafe
http://www.irvingfarm.com/
71 Irving Place
(Cross Street: East18th Street)
212-995-5252


■Irving Placeにあるお洒落なレストラン
ローフード!「Pure Food and Wine」

※この辺りのお店でまだ紹介していないところがあるので、また追って紹介します!

何となく体調が悪い…という人に「フラックス・シード」

体にいいと勧められた「フラックス・シード」。初めて聞く名前に「???」と思って、ちょっと調べてみた。

■「フラックス・シード」とは?
日本語で言うと「亜麻(あま)」で、見た目はちょっと色の濃いゴマのような感じ。数年前に「亜麻色の髪の乙女」という歌がリバイバルされて大ヒットになったけど、あの「亜麻色」の「亜麻」。古代から病気予防に使われていたメディカル・ハーブなんだそう。
日本では、オイルやサプリメントなども発売されているけど、手触りのいい「リネン」の原料やアイピローにも使われているんだそう。
blog032406a.jpg


■注目成分
一番の注目成分は「オメガ3」。
人は体の機能を維持するために、オメガ3、オメガ6という2種類の必須脂肪酸が必要で、これは、体内で作り出せないため、食べ物で摂取する必要があるんだそう。オメガ3は魚類や野菜からも採れるのだけど量は少ないため、現代人にはますますとりにくい栄養素。
この「フラックス・シード」には、オメガ3が60%、オメガ6が20%理想的なバランスで含まれているのでおすすめという訳。

このオメガ3は、細胞膜をやわらかくする、コレステロールを下げる、脂肪を適切に代謝する…といったすばらしい作用があるので、ダイエット効果、コレステロール低下、ガンや心疾患のリスクが軽減する、アレルギーに効くなど、その効果はものすごい!

■その他の成分
・食物繊維が豊富で、便秘、コレステロールや体内の有毒物質を排泄するデトックス効果も。
・βカロチンで、免疫力アップ!
・ビタミンEで老化防止

■食べ方
コーヒーミルなどで擦って、何にでもふりかけて食べる!ゴマと同様、内側に栄養成分が詰まっているので、ちゃんと砕かないとよい成分を吸収することができない。アメリカでは、シリアル、サラダ、ヨーグルト、スープ…などにかけているみたいだけど、本当に何でもいい。量は一日大さじ一杯くらいがいいみたい。フラックスシード入りのシリアルなども売っている。

アメリカやヨーロッパを中心にその成分は注目されていて、普通にスーパーなどで簡単に購入できる。500gくらいの袋が約$2なので値段的にはとてもお手軽。日本では、まだそれほど知名度が高くないそうだけど、なぜ知名度が高くないのか不思議なくらい。

* * *

…さて、このフラックスシード、とても手軽な健康食品のはずなんだけど、口にするまでに長い行程があった(苦笑)。

コーヒーミルを持っていないので、この際だから…とフードプロセッサーを購入。しかし、ゴマよりも粒が小さく平たくて、表面もなめらかなせいで、フードプロセッサーの中でグルグル回るだけで、全く砕けず…。さらに性能のいいフードプロセッサーで試してみるも、やはりグルグル回るのみ…。
※ちなみに初代フードプロセッサーは返品。アメリカは返品大国なので「ハーブが擦れなかったよ」と言ったら「あっそう」とあっさりOK。
blog032406b.jpg


ペッパーミルでやってみるも、やはり胡椒専用器、隙間からポロポロ出てくるのみ…。
blog032406c.jpg


そこでやっぱり日本の道具…ということで、すり鉢&すりこぎ登場。日本に一時帰国したくみちゃんがすり鉢とすりこぎを買ってきてくれた(くみちゃん、ありがとう!)。
blog032406d.jpg


ゴマよりも殻が固いようで、かなり時間がかかって、たったこれだけ擦るのに汗がにじむ(笑)。でも、やっぱりシンプルな日本の道具、きちんと擦ることができた!
blog032406e.jpg


味は結構淡泊。ちょっと青臭い香りがするけど、ゴマのような強い個性もないので、料理の味を大きく変えることもなさそう。

…でも、手間がかかりすぎるなぁ。

やっぱり素直にコーヒーミルを買えば済む話なのか? でも、フラックスシード専用になってしまいそうで、抵抗を感じる。すでに擦ってあるものも売っているんだけど、とりあえず、粒状のものを買ってしまったし、食べ方の工夫をしたりして様子を見ながら、しばらくすり鉢&すりこぎでやってみよう。実際、無心にフラックスシードを擦るのは、ストレス発散にもいいかもしれない(笑)。


■その他アメリカの食べ物研究(?)
アメリカ人のお袋の味ピーナッツバターは、日本人にとって…?
アメリカのミルクって、難しい

猫ちゃんたち性格分析&力関係

「第2回猫ちゃんたちホームスティ in マンハッタン」も早12日目。

今日は、Sちゃん夫妻と共通のお友だち・Fちゃんが、猫ちゃん関係の残りの荷物を届けに来てくれた。

前に猫ちゃんたちを連れてうちにやってきたときに、持ってくるのを忘れたという、ツメ研ぎや、お気に入りのTシャツ、ID関係の書類など。早速2匹は、ツメを研いだりTシャツの上に寝そべってみたり、ご機嫌!

なんと、この猫ちゃんたちはEU(European Union/欧州連合)のパスポートを持っている!これさえあればEU諸国の往来は自由自在なんだそう。何だかちょっと生意気だなあ。
blog_032306a.jpg


さて、今日は猫ちゃんたちの性格分析(?)を交えつつ近況報告。
この猫ちゃんたちは、本当に性格も見た目も正反対なのが興味深い。

◎ナンカちゃん(メス・4歳8カ月・2kg)
blog032306f.jpg

見た目は小柄で可憐なんだけど、性格は女王様。機嫌のよいときと悪いときの波が大きい。ご機嫌の時は、触っても大丈夫なんだけど、たいていの場合は触ろうとするとパンチが飛んでくる。

「あれ?さっきミンケが寝ていた場所にナンカがいて、ナンカの寝ていた場所にミンケがいる!」という感じに、そっくり居場所が入れ替わっていることが頻繁にある。最近発見したんだけど、どうやらナンカが「ちょっとミンケ、そっちの方が気持ちよさそう、替わってよ」と言って割り込んでいることが判明。ミンケは、すごすごナンカの寝ていた場所へ。

ちょっと目を離すと、自分のエサも食べ終わっていないのにミンケのエサを食べていたり、イライラすると唐突にミンケを殴ったりしているので、ミンケが不憫になってしまう。

でも、ご機嫌な時が超かわいいので、それで全てが帳消しになってしまう、まさに小悪魔的な魅力の持ち主。
blog_032306c.jpg



◎ミンケちゃん(オス・4歳6カ月・4.5kg)
blog_032306e.jpg

なんと言っても見た目のインパクトが大きい。ひょうきんで、何をしていても笑える。悟りを開いたような顔でじーっと無の境地に入っていることも多く、実際「仙人」と呼ばれていたこともあるらしい。「ナンカにやられっぱなしではなく、しっかりしろ!」と思うくらい、穏やかな性格。「地蔵」っぽくもある。我が家でのあだ名は牛縞山羊造(ウシジマヤギゾウ)。

どうも我が家ではエサをたくさんくれると思っているのか、結構ほしがるので、お母さん(Sちゃん)の了解を得て、少し多めにあげはじめた。しかし運動ゼロで寝てばかり。お父さん(Aさん)によると「ドリブルが得意」らしいけど、うちでは「ドリブルって何ですか?ボールって何ですか?」という顔で寝てばかりなので、また太っちゃうのが心配。太っちゃうと、飛行機に乗るときに制限があるらしいので、気をつけないといけないんだけど…。

「お母さん、僕、太ってないでしょうか?」
blog_032306g.jpg


ちなみに、下記は初公開、私の書いたイラスト! Sちゃんから、初めて猫の写真を見せてもらった後、「こんな顔の猫を見た!」と興奮して絵を描いて説明したもの。我ながらよく似ていると思う(笑)。
blog_032306h.jpg



今回、2匹が意外に仲良しなのが分かって新鮮な驚き。前にうちで預かったときは「この子たち、仲良くないのかな」と思っていたんだど、今回は結構仲良くくっついていることが多い。
blog_032306d.jpg


こんな感じで2匹とも元気に暮らしているので、Sちゃんご夫妻、ミンケ&ナンカのファンのみなさま、ご安心ください!

■これまでのミンケちゃん&ナンカちゃんの話題
またまた!猫が来た
猫たちの近況
猫たちの豹変ぶり
猫ちゃんたち、帰る
Welcome again! 猫ちゃんたち

指のようなニンジン

タイトルのまんま(笑)!
blog_032306.jpg


肉や野菜はチャイナタウンで買うと安いのでよく利用しているんだけど、安いこともあって、こんな形のものが混ざっていることも。これは、折ったのではなく、折れた状態で袋詰めにされて売っていたもの。

超小ネタでした!!


■チャイナタウンに関する過去の記事
安くて旨いベトナム料理「PHO VIET HUONG」
何だか腑に落ちないチャイナバス
今年のことは今年のうちに…
チャイニーズ・ニュー・イヤー
中国人のDNA(サンフランシスコのチャイナタウンの話題)

Spring Arrives…!?

3月21日は春分の日。日本では祝日なのか~、いいなぁ(…と、最近まで春休みだったのに。苦笑)。

日本の天気予報を見ると、だいぶ気温も高くなり、春らしくなってきたみたいでうらやましい。お花見前線や花粉症など、春の話題が目に飛び込んでくるようになった。
(花粉は今年もひどいみたいで、花粉症の方にはお気の毒です…お大事に!)

ニューヨークでは、春分の日には、天気予報に「Spring Arrives!」と書いてあったものの、最低気温が0度を下回る程の寒さ。今日は、ダウンジャケットにセーター、マフラー、パンツにブーツ…としっかり冬の装い。

春の訪れはまだ先なんだけど、日の入りはだんだん遅くなり最近は6時頃まで明るいし、暖かい日も増えてきたし、ほんのりと木々の芽が膨らんできた気もするし…。確実に春が近づいているのを感じる今日この頃。
blog032206.jpg

やるじゃん、ニッポン!

WBC、日本が初の王者に!おめでとう!
誤審騒動、思わぬ米国の敗退…どんでん返しで復活した王ジャパン、底力を見せつけて世界一に!

下記は「New York Times」のトップページ。日本の活躍について詳しく触れてあり、日本は「the class of this classic」と褒め称えている。
blog032106c.jpg


野球発祥の地であり、ホスト開催国であるにも関わらず、実はアメリカではWBCは盛り上がっていない。3月はバスケットボールがシーズンのため、スポーツニュースやテレビ局はもっぱらバスケ中心。…という訳で、映像で見られなかったのが残念(涙)。

アメリカでは日本や韓国の野球を絶賛しているのだそう。例えば、日本の国技である相撲で外国人横綱が多くなってきたように、柔道で日本ではない国の活躍も目立つように、ありとあらゆるスポーツが国際化しているんだなぁと実感。


※さっき「Trader Joe's で入場制限中!」なんていう記事をのんきにアップしていたら(笑)、このニュースを知って「それどころじゃない!」と慌ててもう1本アップしました!

「Trader Joe's」入場制限中!

オープン初日の混雑の模様をアップしたところ、読者のみなさんの関心の高さが伺われた(?)「Trader Joe's」。さて、オープン4日目の今日は…何と入場制限中!
blog032106.jpg


何かにつけて苦情を言うのが大好きなニューヨーカーたちが「これじゃあ、並んでいるのか買っているのか分からないわ」とか言ったんだと思うけど、店内に入るお客の数を制限して、その代わり店内では気持ちよくお買い物できるように工夫した模様。10分程度待って、ようやく店内に入れるという状況らしい。

時間帯が夕方というのもあると思うけど、すごい繁盛ぶり! しかし、これでこそ「Trader Joe's」も高い家賃を払ってマンハッタンに開店した甲斐があるというもの。いつになったら、このフィーバーが収まって、スムーズに入店して買い物できるようになるのか…!?

ますます「Trader Joe's」への関心が募るばかり!

■ユニオンスクエア近辺のヘルシー食材マーケット
幸せ気分のスーパー「Whole Foods Market」
少しだけ春がやってきたグリーン・マーケット
「Trader Joe's 」がマンハッタンに進出!

■(おまけ)ユニオンスクエア付近のヘルシー系レストラン
ローフード!「Pure Food and Wine」
マクロバイオティックレストラン「Souen」
ベジタリアンレストラン「Angelica Kitchen」

春休みも終わり、授業再開

春休みも終わり、今日から授業再開。

春休み…とは言っても、何かとやることが多くて、でも、いつもよりはちょっとのんびりできたかな?という感じ。

学校の課題を進めたり、地元誌に書いている原稿の取材や執筆をしたり、ふだんなかなか会えない友人4-5人と会ったり…というような、結構忙しくも地味な春休み。

実は、週末の土曜日に、突然、腹痛になって、土曜の夕方~今日・月曜の午後にかけて寝込んでしまった。年に一度くらい、この手の腹痛になることがあり、去年も同じ春休みの時期に似たような症状になった。結構忙しく動いていたので疲れやストレスがたまっていたのかもしれないし、気温の変化が1週間で20度以上もあったので体がついていけなかったのかもしれないし…。病院に行くほどではなかったし、もうだいぶ回復してきたんだけど、ちょっとマイッタ!
(実は、出張で友人が来ていて、マンハッタン観光をしている途中だったので、申し訳ないことをしてしまった…)

…とまぁ、こんな感じで春休みが終わってしまった。
また気合いを入れて、がんばって残りを乗り切らないと!


■昨年同時期の腹痛に関する記事
腹痛にソーダ!?

緑のエンパイア・ステイトビル

ちょっとアップするのが遅くなっちゃったんだけど、写真がきれいだったので。

3月17日は「セント・パトリック・デー」というアイルランド系民族の人びとのお祭り。緑の国アイルランドにちなんで、みんな、緑のTシャツやセーターを着たり、緑のマフラーやアクセントを付けたりしている。特にアイルランド系のバーでは、スペシャル・デーを設けて、みんな大騒ぎをしている。

そして、この日のエンパイア・ステイトビルは緑!
blog030319.jpg


エンパイア・ステイトビルは、イベントや季節にあわせて、ライトの色が変わる。気が利いてるな~とは思うんだけど、赤、青、白、緑、黄色程度のバリエーションが少なくて、変な色の組み合わせの時が多い。例えば、ハロウィンの時は赤と黄色。「混ぜればオレンジでカボチャの色になるよ」っていう意味かもしれないけど、あんまり美しくない時が多い。

でも、セント・パトリック・デーは、緑一色で夜空に映えてとてもきれい。

ふと考えてみたけど、私は緑色のアイテムをひとつも持っていない!ちょっぴり若草色の入ったマフラーとか、深緑のマスカラとか持っているけど、それじゃぁ、この日に身につけても誰も気づいてくれなそう(苦笑)。


■昨年の記事
セント・パトリック・デー

「Trader Joe's 」がマンハッタンに進出!

「Trader Joe's 」というのは、ヘルシーな食材を安価で売っていることで人気のアメリカのスーパーマーケット。全米19州約250店舗も展開している大規模チェーンなんだけど、マンハッタンに初進出、昨日17日、ユニオンスクエアの近くにオープンした。地元では、ローカルテレビ局をはじめ、各新聞などでも取り上げ、ちょっとした話題に。

ちょうど、夜に友人宅へおじゃまする予定があったので、ここで何か購入しようと思い、繰り出してみたところ…。
blog031806a.jpg


想像以上の大混雑!レジからぐる~っと、店内の輪郭に沿って列ができていて、並んでいるのか買っているのか分からない。「End Line」という看板を持った人が列の最後に立っているんだけど、店に入った瞬間に「End Line」という程の盛況ぶり。
blog031806b.jpg


買おうかどうか迷ったんだけど、「まぁ、こういうのに並んでみるのも楽しいかも」と思い、並んでみることに。Trader Joe's 印のニューヨーク・チーズ・ケーキをゲットして、列の最後に並ぶ。
blog031806c.jpg


結局レジにたどり着くまでに約30分!
でも、並んでいる間に何を売っているのかチェックできて楽しかった。実際、私の前にいる女性は、列に並んでいる間、買う、買う…! 並びながらあれこれカートに品物を放り込んで、レジに着くまでにいっぱいに(笑)。
blog031806f.jpg


ここのモットーは「セールなんてしません、だって毎日安いから」。ヘルシーな品物を安く仕入れる努力をして正直な価格でお客に提供する…ということがウリらしい。確かに、品物によってはとても安いし、オーガニック&ヘルシー系食材を多く揃えているみたい。特に、Trader Joe's印の製品は値段も安いので狙い目かも。友人宅に持っていった、Trader Joe's印のチーズケーキもなかなか美味だったし。

店内の内装はちょっとあか抜けない感じ…(苦笑)。ニューヨーク店を意識してか、ブロードウェイのネオンをもじった看板などがあるんだけど、ちょっとダサくて笑える。
blog031806d.jpg

blog031806e.jpg


店員がフレンドリーというのもこの店の特徴(作戦?)なのか、チーズケーキを持って並んでいたら3人の店員に「グッドチョイスだね!そのチーズケーキは美味しいよ」と声をかけられた。レジのお兄ちゃんにも「すごい並んだ?ごめんね、今日は初日だから」と話しかけられ「大丈夫、楽しかった」みたいなカジュアルな会話も。

ユニオンスクエアは、私のお気に入りの「Whole Foods Market」もあるし、グリーン・マーケットもあるし…ヘルシー食材の調達にはもってこい。「Trader Joe's」のおかげで、また食生活が楽しくなりそう。お値段もものによっては手頃だし。オープン初日で大混雑だったけど、またチェックしにいってみよう。

ちなみに、お節介だけど「Whole Foods Market」へ、客の入りをチェックしにいってみたところ(笑)、「微妙にすいてるかも?」程度で相変わらずの混雑だったので、ちょっと安心。


■Trader Joe's Union Square, NYC店
http://www.traderjoes.com/
14th Street, Between 3rd and 4th Avenue

古さがクール!なカフェ&バー「Pink Pony」

ロウアー・イースト・サイド(Lower East Side)で見つけた、フレンチスタイルのクールなカフェ&バー「Pink Pony」をご紹介。

ロウアー・イースト・サイドは、前に「Clinton St. Baking Co.」へ行ったときにも紹介した、今とても注目度の高いエリア。若手アーティストやデザイナーの才能が凝縮!と言った感じで、個性的なセレクトショップやカフェが増えている。治安はよくなっているんだけど、壁の落書きや古びた建物が、何となく「治安が悪い頃のニューヨーク」を彷彿とさせる殺伐とした雰囲気。まぁ、かえってそれがクールなんだろうけど、そんなに頻繁には足を運ばないエリアではある。

そこで、ロウアー・イースト・サイドに行ったことがないという友人と一緒に、ちょっと散策してみようということになり、入ってみたのがこの「Pink Pony」。
blog031706a.jpg


さびれた雑居ビル風の外観からは想像できないほど、中はすごく雰囲気がいい。壁にセピア色の絵や写真が飾ってあったり、使い込まれたテーブルや椅子が並んでいたり…と、古い味わい深いカフェ。日本は地震もある国だし、新しくてきれいなところばかりなので、こういう古さがかっこいいカフェってあまりないけど、こういうところに来ると、すごくニューヨークっぽいと思う。
blog031706d.jpg

blog031706e.jpg


手前は、昼間はカフェ、夜はバーに使うようなスペースになっていて、奥はフレンチスタイルのビストロになっていて、これまた古くて可愛い。DJブースがあったりして、クラブっぽい雰囲気も楽しめるらしい。

メニューも結構豊富。私はブランチタイムに行ったのだけど、フレンチ・トースト($6.25)を注文。フランスパンを使ったフレンチトーストで、しっかりした歯ごたえがあり、焼き加減も抜群。コーヒーも$1.5で、かなりお手頃。
blog031706b.jpg


下記は友人が注文したマッシュルームのオムレツ。一口味見させてもらったんだけど、中にマッシュルームとサーモンのソテーが入っていてとてもジューシー!
blog031706c.jpg


予備知識ゼロで入ってみたんだけど、当たりだった!
こういうカフェで、一日のんびり本を読んだりして過ごしたいなぁ。

このカフェがあるLudlow Streetは、ロウアー・イースト・サイドの中でも、特に最近は個性的なカフェが増えてきて、カフェ激戦区になっているらしい。また、機会があったら他のカフェものぞいてみたい。

それにしてもニューヨークって、数ブロック歩くだけで雰囲気がどんどん変わって、本当にいろんな顔があるなぁ、って思う。

■Pink Pony
176 Ludlow Street
(Between
Tel:212-253-1922

■ロウアー・イースト・サイドのカフェ
パンケーキ最高!「Clinton St. Baking Co.」

本格派炉端焼きの店「炙り屋錦之介」

ミッドタウンにある本格派炉端焼きの店「炙り屋錦之介(Aburiya Kinnosuke)」へ出かけてきた。ちょっと高級なお洒落居酒屋といった風情の、正統派和食レストラン。

ニューヨークには、和食レストランが約700軒あるんだけど、半分くらいはNon-Japaneseによる経営なんだそう。さらに、新規和食レストランの出店は7割以上がNon-Japaneseとか。韓国・中国などのアジア系やメキシコなどの南米系による和食レストランが多く、どことなく雰囲気が違う店が多い。

ここのお料理は、まさに日本の味!
旬の素材を遠火の炭火でじっくり焼いた本格的な炉端焼きに「わ~、久々の正統派の和食だ~」と、ちょっとワクワク。

山芋。醤油だれで香ばしく焼いてあるものを、わさびをつけて海苔で巻いて食べる。山芋は、日系スーパーで売っているけど、10センチあるかないかの量で$5-6する高級品のため、ほとんど食べないので、本当に久しぶり!
blog031606a.jpg


カニサラダ。カニ味噌を使ったドレッシングで和えてある。こちらの人はカニ味噌を食べないらしいので、貴重な味。
blog031606b.jpg


桜エビの土鍋ご飯。注文してから炊きあげてくれるので、まさにアツアツ。
blog031606c.jpg


鶏つくね。しゃもじの上で焼かれた状態で登場。温泉卵をつけて。
blog031606d.jpg


一緒に出かけたのが、私も含め日本人女性3人だったので、お酒は飲まなかったけど、地酒や焼酎のラインナップも豊富らしい。

場所は、グランドセントラル駅と国連本部の中間という、ミッドタウンのど真ん中。「こんな店があったっけ?」と思っていたら、昨年2005年夏頃オープンした比較的新しいお店らしい。やはり、日系企業が集中している場所だけに、お客も大半は日本人。

店員もほぼ全員日本人。おしぼりが出てきたり、ご飯を取り分けてくれたり、こまめにお茶を注ぎに来てくれたり…細やかな日本人のサービスに触れるのもしばらくぶり。

New York Timesで「Tokyo in Midtown(ミッドタウンの中の東京)」と紹介されているんだけど、一歩足を踏み入れると、まさにそこは日本!逆に、Non-Japaneseのお客さんには、とっつきにくい雰囲気さえ漂っているかも。

在NY日本人も、観光で来る方も、日本の味が恋しくなった時におすすめ。
この店はニューヨークで開店したのだけど、日本に逆輸入されて、護国寺の音羽通りにも東京店があるんだとか。ビックリ!


■炙り屋錦之介(Aburiya Kinnosuke)
ウェブサイトには店内の写真や東京店の様子も!
http://www.teshigotoya.net/kin_ny/index.html
213 East 45th Street
(between Second and Third Avenue)
New York, NY 10017
212-867-5454

■その他おすすめの和食レストラン
日本食ブームの火付け役「NOBU」の新店舗
ジャパニーズレストラン「Ono」
本格的和食レストラン「会(Kai)」

アメリカ人のお袋の味ピーナッツバターは、日本人にとって…?

昨日のピーナッツバター自動製造機の話題にちなんで、今日は「アメリカ人がどれくらいピーナッツバターが好きか?」という話題。

まずはスーパーマーケットのピーナッツバター売り場から。
blog031405a.jpg


実にたくさんの種類があってビックリ。まずは食感別に、粒が程よく残っている「Chunky」と、ちゃんとすりつぶしてなめらかになっている「Creamy/Smooth」に分かれている。味は、甘いもの、若干塩味の利いてるもの、無糖…などメーカーによってもいろいろ。ナッツもピーナッツだけでなく、カシューナッツやアーモンドなど。瓶も当然のごとく大きい!
blog031405b.jpg


ピーナッツバターの代表的な利用方法はサンドイッチ。子供から大人までお弁当として親しまれているのは「ピーナッツバター&ジャムサンド」。「Peanut Butter and Jerry」を縮めて「PB "n"J」とも呼ばれる。その名の通り、ピーナッツバターとジャムをサンドした、聞くだけでくどそうなサンドイッチ。食べたことはないけど、結構いけるらしい。無糖のピーナッツバターと、フルーツの甘さだけのジャムという組み合わせなら、ちょっとヘルシーだしそんなにくどくないかも。

その他、ピーナッツバターはクッキーやケーキ、パイなどにもたくさん用いられる。「ピーナッツバター・クッキー」は、アメリカ人にとっては「お袋の味」なんだとか。そう言えば、スニッカーズのようなチョコレートバーの中身もピーナッツバターだなぁ。さらに、肉のソースにしたり、ドレッシングに入れたり…と、アメリカの食卓には欠かせない存在。アメリカで生産されるピーナッツの半分はピーナッツバターになる…というのもうなづける。

そう言えば、ピーナッツアレルギーの女性が、ボーフレンドが食べたピーナッツバターが原因で、キスで死んでしまった…という記事もあったなぁ。まぁ、それほどアメリカ人はピーナッツバターを食べると言うこと。

ピーナッツそのものはビタミンやポリフェノールが豊富で健康にはいいんだけど、甘いピーナッツバターの食べ過ぎは問題。糖度にもよるけど、大さじ1杯が約100キロカロリーもあるんだとか。これを、朝から晩までたっぷり食べていたら、やっぱり太っちゃうよねえ。

* * *

さて、「アメリカ人にとってのピーナッツバターって、日本人にとっては何だろう?」とちょっと考えてみた。「1日3回登場しても飽きの来ないお袋の味」ということで、私の結論は「味噌」に落ち着いた。まずなんと言っても、見た目が似ている(笑)。次に、種類もピーナッツバター並みに豊富。調理法が豊富なところも似ている。基本はみそ汁だけど、炒め物や和え物、煮物や鍋物…とあらゆる日本食に登場する。多くはないけど和菓子にも使われるし、佃煮に入っていたりするのでお茶漬けやおにぎりにもいい。まさに日本人が恋しいと思う味であり、生活に欠かせない味であり、お袋の味。

でも、日本のお袋の味は、塩分は要注意だけど、アメリカのお袋の味よりはヘルシーかも?

■アメリカの食べ物の話題いろいろ
ピーナッツバター自動製造機
アメリカのミルクって、難しい
アメリカの食べ物はコワイ
アメリカ人が太る訳
こんなの食べていいの?恐怖のスイーツ大会

☆アメリカ人のこだわる食品のひとつ、「マスタード」についても、いずれ調べてみたいと思っています。

ピーナッツバター自動製造機

先日、スーパーで、ピーナッツバター自動製造機を見つけて興味津々…。さすが、ピーナッツバター消費大国アメリカ、こんな機械があるのか~。
blog031406a.jpg


ふだん、あまりパンを食べないこともあり、ピーナッツバターなんて、もう何年も食べていないんだけど、どうしても「ピーナッツバター自動製造機で作ったピーナッツバター」を食べたくて(笑)、ちょっと試してみることに。

雰囲気としてはソフトクリームを絞り出す機械と同じ。近くにあるプラスチック容器を片手に持ち、もう片方の手でボタンを押すと、ガリガリという音と共にニョロニョロ~とピーナッツバターが出てくる…という仕組み。ピーナッツバターの主原料は、ピーナッツ(落花生)、砂糖、塩少々、場合によって油脂分。上の透明部分にピーナッツしか入ってないので、おそらく下の部分に砂糖や他のものが入っていて、ボタンを押すと、その場でピーナッツを砕いて砂糖でブレンドしてくれるのだろう。量り売りなので、好きなところでボタンをとめる。トントントン、ってならしてふたをしてレジに持っていけばOK。
blog031406b.jpg


(ちょっと余談だけど、アメリカって、肉や魚、野菜をはじめ、いろんな物が量り売りで買えるのはとても効率がいいと思う。日本は、ピーマン10個とか袋に入っていて「10個もいらないな~」なんてことがあったけど、たいていのアメリカのスーパーではピーマン1個でも買うことができる。レジには量りがついていて、レジ係が商品をポンって乗せて、コードを打ち込むと、料金が計算される…という仕組みになっている。)


さて、しばらく遠目で見ていると、ひっきりなしに誰かやってきて、「ポン・ニョロニョロ~・トントントン」とやっていく。どうやらかなり人気商品。

次は私が挑戦!味は「ピーナッツ&チョコレート」「オーガニック・ピーナッツ」「ハニーロースト・ピーナッツ」「アーモンド」の4種類あるんだけど、一番人気と思われる「ハニーロースト」を選んで、「ポン・ニョロニョロ~・トントントン」。わーい、できたよ~!

ワクワクして家に持ち帰って、パンに付けて食べてみると…。擦り立てのせいか香ばしいし、程よく粒が残っていて、ほのかな塩味が利いていて、確かに、これまで食べていたピーナッツバターよりは格段に美味しいかも。
blog031406c.jpg


間近で見るとこんな感じ。なんだか味噌みたい(笑)。
blog031406d.jpg


オマケ画像。子供の頃に食べていた懐かしのソントン・ピーナッツ・クリーム。今気づいたけど、これは「ピーナッツ・バター」ではなく「ピーナッツ・クリーム」らしい!
blog031406e.jpg


「アメリカ人がどのくらいピーナッツバターが好きか?」という話題をアップしました(3/15)


Welcome again! 猫ちゃんたち

以前もお預かりしたことのある猫ちゃんたち(ミンケ&ナンカ)を再びお預かりすることになった。Sちゃん夫妻が日本に一時帰国することになり、しばらくの間、我が家にホームステイすることに。

猫ちゃんたちは、前にうちにいたのを覚えているのか、今回は緊張することもなく、すぐにリラックスしてくれて一安心。下記はナンカ(メス)。前はベッドの下に入ってなかなか出てこなかったけど、今回は大丈夫。
blog031306b.jpg


ビックリしたのは、うちで過ごしている間にまん丸に太って帰ったミンケ(オス)が、すっかりスリムになって帰ってきたこと。うちでは勝手に「牛縞山羊造(ウシジマヤギゾウ」)なんて言うあだ名を付けていたんだけど、山羊の面影は相変わらずだけど、牛の面影はだいぶ薄れた。縞模様はもちろんそのままだけど(笑)。
blog031306a.jpg

こちらの写真と比較!

やっぱり、うちではエサを食べさせすぎたのと、全く運動しなかったせいか? 今度はエサの量も少なめに指定されたし(苦笑)、ちょっと運動させたりして、太らせないように気をつけなくては…!

でも、猫ちゃんたちは「親戚のおじさん・おばさんの家では、たくさんエサをくれるし、運動もしなくていい」と思っている様子…。私たちが台所に立つと「にゃーん!エサくれるのー?」ってやってくるし、ボールを投げてもじゃれたりする様子はなく、ひたすらのんびり寝転がっている。

これは、昨日の猫ちゃんたち。
珍しく二匹寄り添って、いつもは気むずかしいナンカ(メス)がミンケ(オス)の頭をなめてあげていた。「しばらくの間、お父さん、お母さんに会えないけど、二匹でがんばってやっていこう」って励まし合っているみたいで、ちょっとホロッときた。猫も、ちゃんと分かっているんだろうな~(涙)。
blog031306c.jpg


しばらくさみしいだろうけど、うちにいる間は、リラックスして過ごしてね~!


■前に預かっていた時のミンケちゃん&ナンカちゃんの話題
またまた!猫が来た
猫たちの近況
猫たちの豹変ぶり
猫ちゃんたち、帰る


※ネコ関係の記事も増えてきたので「Cats」というカテゴリを新設しました~。

束の間の春!?

10日(金)から11日(土)にかけてニューヨークは、まるで初夏を思わせるような暖かさ。昨日は気温は22度、今日も17度もあり、街はいきなりTシャツに短パン、サングラスにタンクトップの人であふれていた。この両極端な気候にも、両極端な人びとの格好にも、ずいぶん慣れたけど、それにしても本当に暖かい。

ローカルテレビ局「NY1」の天気予報では、いつも気の利いた一言で毎日の天気を表現しているんだけど、「Nice!」という一言。まさに「Nice!」としか言いようのない、気持ちのいい天気。
blog031206a.jpg


先週に引き続き、買い物がてらのぞいてみたユニオン・スクエアのグリーン・マーケットから可愛らしい写真をいくつか。

花屋の看板犬(?)。
blog031206b.jpg


生まれたて、柔らかそうなレタスの葉っぱ。まだ土に植わったままで店頭に並んでいるので、新鮮そのもの!
blog031206c.jpg



公園内で、カジュアルな格好でのんびり座ってくつろぐ人びと。
blog031206d.jpg


カフェの外にもアウトサイドコーナーが登場。久々のぽかぽか陽気を楽しむ人びとで賑わう。
blog031206e.jpg


March is tricky」と言われているし、天気予報でも「コートはまだしまっちゃだめですよ」って言っていたから、一時的な暖かさで、またいつものような寒さに戻るんだろうけど…実際、もう天候が崩れてきているし。でも、束の間の気持ちがいい気候を楽しんだ。


■昨年春の気候の話題
March is tricky
三寒四温
ぽかぽか陽気
両極端…!?

自然食材&ハウスメイド「Spring Street Natural Restaurant」

自然食材を豊富に使ったナチュラル・レストラン「Spring Street Natural Restaurant」へ出かけてきた。厳選された新鮮なオーガニック食材を、なるべく自然の状態で料理するというスタイルのレストランで、1973年の開業以来、長年ニューヨーカーに親しまれている店。
blog031106a.jpg


メニューは、サラダやサンドイッチ、ローストチキンなど。割とベーシックなラインナップで、盛り付けもちょっとおおざっぱな感じで洗練されてないけれど、やはり素材にこだわっているせいか、かなり美味しい。

全粒粉を使ったパンやパイ生地、ケチャップ、オーガニックの魚肉ソーセージ、自然放牧で育てたチキンソーセージなど、数々のアイテムがハウスメイド。ベジタリアン用メニュー、マクロビオティックメニューなども充実している。

これは私が食べた「ハウス・メイド・アーモンド・ベジー・バーガー(HOUSE MADE ALMOND VEGGIE BURGER)」。全粒粉のパンに、アーモンドや野菜を使って作ったパテが挟まっており、とろ~りホワイトチェダーチーズがかかっている。$8.75。
blog031106b.jpg


これは、一緒にいったK子さんが食べた「自然放牧で育てられたチキンのサンドイッチ(GRILLED FREE RANGE CHICKEN SANDWICH)」。ボリューム満点!$9.50。
blog031106c.jpg


付け合わせのパンも素朴。右側のオレンジ色のパンはキャロットで、ふんわり甘くて美味しい。
blog031106d.jpg



店内の雰囲気はナチュラルな感じであまり飾り気がなく、それがかえって落ち着くかも。
blog031106e.jpg


ちょっとオシャレさ&洗練度は今ひとつだけど、このアットホームな雰囲気と味の良さ、リーズナブルなお値段のせいで、お店はいつ来ても結構混んでいる。


■「Spring Street Natural Restaurant」
http://www.springstreetnatural.com/
62 Spring Street(Corner of Lafayette)
NEW YORK, NY
(212) 966-0290


■その他おすすめの自然派&野菜たっぷりレストラン
初めての味!チベット料理「TSAMPA」
ベルギー発のカフェ「Le Pain Quotidien」
体が喜ぶ野菜メニュー「Souen」
ベジタリアンレストラン「Angelica Kitchen」
ローフード!「Pure Food and Wine」
ベジタリアンレストラン「Red Bamboo」
マクロバイオティックレストラン「Souen」
GOBO - food for the five senses

アメリカのミルクって、難しい

カスピ海ヨーグルトを復活させようと思い立ったのを機に、アメリカの牛乳について調べてみた。アメリカには、本当にいろんな種類の牛乳があって、何を飲んでいいのか分からない。これが、実はアメリカでカスピ海ヨーグルトを再開するのに膨大な時が流れてしまった、大きな理由かも(苦笑)。

■種類
アメリカのスーパーの牛乳売り場。いろんな種類やサイズの牛乳が売られていて「なんじゃこりゃ」と混乱する。
blog031006a.jpg


成分別にざっくりと以下のような種類に分かれている。
・Whole
これは日本でもおなじみの味に一番近いもので、脂肪分は3.5%程度。

・Reduced
脂肪分2%のものを一般的に「Reduced」と呼ぶらしい。

・Low Fat
脂肪分1%のものを一般的に「Low Fat」と呼ぶらしい。ReducedとLow Fatの違いは特にややこしいし「2%も1%も大して変わらないじゃん!」と思ってしまう私(苦笑)。そこまでこだわるなら、いっそ「無脂肪ミルクを飲め!」と。

・Fat Free/Non Fat
無脂肪、つまりスキムミルク。これは分かりやすい。

・Half and Half
これが、日本ではほとんど見かけない品なので、一番謎だったもので、手を出したことがないもの。普通の牛乳ではなく、コーヒー用ミルク。牛乳とクリームを半々に混ぜたもので、脂肪分は10-18%程度ということなんだけど、普通のコーヒークリームよりも脂肪分が少ないので、主にコーヒー用として愛用されているらしい。

・Lactose Free Milk
乳糖の入っていない牛乳。

…日本では、脂肪分3.8%とか4.2%っていう濃くてまったりした牛乳も、それなりに人気があったと思うんだけど、アメリカでは「Fatは敵!」なので、脂肪分が多いことをウリにした牛乳は見かけたことがない。

日本でよく見かける「成分無調整牛乳」っていうのもあんまりない。あえて言えば「Whole」が日本で言う「成分無調整」にあたるかもしれないけど、一見何も処理を施していないように見えて、でも実はビタミンAやDが強化してあることが多い。


■殺菌方法
牛乳を買うとたいてい「PASTEURIZED」って書いてあるけど、これは殺菌してありますよ、っていう意味。殺菌方法も、たくさん種類があるんだけど、主に「High Temperature/Short Time (HTST/高温短時間)」と「Ultra-High Temperature (UHT/超高温)」の2種類に分けられるらしい「HTST」は72度で15秒以上、「UHT」は130~145度で最低2秒~20秒程度。

最も一般的な殺菌方法は「HTST(高温低時間)」で、「PASTEURIZED」と書いてあるときは、基本的に「HTST(高温短時間)」を指す。これは「LTLT(Low Temperature Long Time/低温長時間)」という、63度30分のいわゆる低温殺菌方法と同じような効果を得られるらしい。「LTLT」は一番いい方法だけど、量産化できないため、やはり値段も高い。

日本のたいていの市販の牛乳は120~130度で2秒で殺菌されており「UHT(超高温)」の部類に入る。この方法では生乳の菌はほとんど殺してしまうらしいので、殺菌方法ではアメリカの牛乳の方がよい方法を選択していると言える。

そもそも牛乳というのは、子牛が母牛の乳房から飲むものなので、それが搾られた瞬間からすぐに雑菌が繁殖してしまうものらしいので、私たち消費者が飲むためには殺菌処理という過程は避けられない。しかし殺菌によって失われる栄養素を補うために、ビタミンAやDを添加している…という訳。


■賞味期限
アメリカの牛乳で気になるのは賞味期限。たいていパッケージには「Sell by 03/12/06」、直訳すると「3月12日までに売ること」のように表示してあるけど、一般的に「HTST(高温短時間)」では処理後10~16日、「UHT(超高温)」では7-8週間先の日付を表示するらしい。しかし、その後、一体何日保つのか?が分からない。「Sell By」の日付が近い日に牛乳を購入して、ほんの数日後にやばい感じになってしまい捨ててしまったことがあったので、最大16日先の日付が表示されていることを意識しながら、「Sell by」の日付が遠いものを買うように気をつけている。

日本の牛乳ってせいぜい賞味期限は1週間くらい。これは、本当はもう少し保つんだけど、日本の行政機関の決まりで早めに設定してあるだけなんだとか。


■生産工程に関するキーワード
その他表示してある気になるキーワードをいくつか。

・Homogenized Milk
アメリカの牛乳を買うと、たいてい「Homogenized(ホモジナイズド)」という表示が書いてある。これは日本語で言うと「均質化」または「均一化」。牛乳はそのままだと分離してしまうので、高圧力をかけて脂肪の粒子を微細化・均質化する処理をかける。日本の牛乳もたいていこの処理がしてある。

・rBST Free Milk
成長ホルモン(牛ソマトトロピン)を使った牛から生産されていない牛乳。わざわざ表示する必要があるほど、成長ホルモンを利用した牛乳が一般的ということか?

・Grade A
しかも、USDA(U.S. Department of Agricultureにより定められた「Grade A」なる基準もある。これは生産過程や輸送の課程を含み評価した基準らしいけど、この基準を満たした牛乳を使っている場合「Grade A」と書かれている。ちなみに、「Grade B」とか「C」はない。

* * *

うーん、アメリカの牛乳って奥が深い…っていうか、難しい。
でも、あんまり意識しないで飲んでいた日本の牛乳についても、いろいろ分かっておもしろい。アメリカに来て、あまりに食品添加物や成長ホルモンを使った食品に囲まれているせいか、日本にいる時より、食品に対する意識が敏感になった気がする。

この調査(?)をまとめると、一般的に手に入る牛乳で、一番牛乳らしい牛乳は「成分無調整(Whole)で、均質化処理をされていないもので(Non-Homogenized)で、低温殺菌処理(LTLT)されたもの」ということかな? 一般的に手に入るもので、唯一見たことがあるのは「Organic Valley」のNon-homogenized Whole Milkくらいじゃないかなあ。


さて、私が現在カスピ海ヨーグルト作りに使っているのは、Whole Foods Marketのオリジナル製品「365ブランド」のWhole Milk。
blog031006b.jpg


これは、Grade Aで、PASTEURIZD、HOMOGENIZED。そして、ビタミンDが加えられたもの。「rBST」を使用された牛からは作ってません、と明言してある。しかも「FDAは、成長ホルモン使用の有無で大きな変化はないと言っているが、それはテストされた結果ではありません」とまで注意書きしてある。

自然に近くて体にいいものを手に入れるのが難しいアメリカで、一般的に出回っている牛乳の中では優秀な部類に入るのだろう。値段は1ガロン(約3.8リットル)で$3.99。もちろん、1ガロン買えばこの安さだけど、もっと小さいパックを買えばもう少し高い。カスピくんのためには、新鮮で開封したての牛乳を使う方がいいらしいので、本当は小さいパックをこまめに買うべきなのかもしれないけど、そんなにしょっちゅうWhole Foodsへ行かないのと、値段で、つい1ガロンを選んでしまっている。

* * *

アメリカでは、健康志向の高まりによって、豆乳(Soy Milk)を飲む人がすごく多いし、私も実は大好き。しかし、このSoy Milk選びもすごく難しい。日本でもたいてい飲みやすくするために調整豆乳が多いけれど、こちらも同様。しかも、チョコレート豆乳、バニラ豆乳、フルーツ豆乳…などバリエーションが豊富。これを飲んで「Soy Milkだから健康!」って思っているのかなあ…。

豆乳は砂糖が入っている方が普通なので、無糖豆乳を見つける方が難しく、うっかり買ってしまい「なんじゃこりゃぁ!」とビックリしたことも。豆乳アイスやヨーグルトなど、豆乳製品も大人気。豆乳鍋に入れるよう素朴な豆乳はなかなか手に入らない。豆乳も別の機会に調べてみたいと思っているところ。ライス(米)・ミルクなんていうのも存在するので、「ミルク」と名の付くものは、実に奥が深い。

また機会を改めて、豆乳やライス・ミルクについても調べてみたいと思っているところ。

※最近、食べ物・健康ネタが増えてきたので「Food & Health」というカテゴリを新設しました!徐々に過去の記事も整理していきます。

春休みだよ!?宴会

3月13日(月)~18日(金)は春休み。今学期は週に2回、月・水のみなので、実質的に昨日8日(水)の授業が終われば春休みに突入!…のはずなのに、やることが山積みで、気が晴れない。しばらくぶりの友人と会う約束がいくつかあるくらいで、いつもと変わらない日々になりそう。

しかし、昨夜8日(水)の夜は、親しい友人たちと、我が家にてちょっとした宴会を催した。日本にしばらく一時帰国する友人や、日本からやってきた友人や、友人の友人…など、平日の夜に関わらず、10人ばかり集まってくれた。

私も当日は6時まで授業があったので、特別な用意はできず、みんなに「お持ちより」をお願いしたのだけど、これが、結構ゴージャス。

たっぷりの野菜スティックに、手作りハマス(豆とゴマのペースト)。カネリーニ豆と野菜のシチューとパセリ、トマト、ねぎなどの野菜にブルグア小麦(BulgurWheat)というひきわった小麦をまぜた「タブーラ」というレバノンのサラダ(この2品はくみちゃん作。レシピはこちら
)。生ハム、スモークサーモン、チーズ数々。もちろん、ビールやワインも豊富。日本からきた友人が持ってきてくれた珍しい焼酎。スナック類。デザートにケーキ数種類…。いろんなタイミングで人がやってきたので、写真をまともに撮ってないのが残念なんだけど、すごいたくさんの食べ物・飲み物があった!
blog0309a.jpg

blog0309b.jpg

blog0309c.jpg

blog0309d.jpg

blog0309e.jpg


私は、前にこのブログで紹介した根野菜のカレーと玄米豆ご飯を用意したんだけど、出す前にみんなお腹いっぱいになっちゃうのでは…と心配したほどいろいろあった。しかし、みんな結構モリモリ食べてくれた。デザートも食べられないんじゃないかと思ったけど、他のものも含め、結構きれいになくなった(苦笑)。それでも、多少の残り物があり、それを食べたり、活用したりして、しばらくは宴会の名残を楽しんでいるところ(笑)。

特別なことは何もせず、みんなに持ち寄りをお願いした宴会だったけれど、みんなで集まって楽しくおしゃべりできるだけで、楽しいなぁ、と。

(みなさま、お持ちよりありがとうございました!)

カスピ海ヨーグルト、復活!

日本にいたときにずっと育て続けていた「カスピ海ヨーグルト」を復活させた。

渡米する際、ヨーグルトを入れた瓶を持って飛行機に乗るわけにもいかず、フジッコが製造・販売を請け負っている「種菌セット」を購入し持ってきていた。何となく時が流れてしまっていたのだけど、ふと思いついて復活させてみることに。

種菌はフリーズドライ粉末になっているし、ずっと冷蔵庫に入れてあったとは言え、もう購入してから1年10カ月近く。種菌も心配だけど、アメリカの牛乳も不安。アメリカの牛乳は高温殺菌されていたり、何やら成分が調整されたりしているし。…と、あれこれ心配しつつも、種菌セットを使って培養開始。粉末を牛乳に溶かし、待つこと20時間、見事、種菌のできあがり! 第一関門はクリア。
blog_030606a.jpg


今度はその種菌を元にヨーグルトを育てる。日本で使っていたような、ピッタリふたがしまって、口が広くて適当な高さのガラス容器が見つからなくて、食材の保存に使うプラスチック容器で代用。熱湯で消毒したプラスチック容器に、牛乳と種菌を入れて待つこと16時間。日本で作っていた時よりも時間がかかったけど、何とかヨーグルトのできあがり!
blog_030606b.jpg


冷蔵庫で冷やして食べてみると、前に食べていたものと同じ(当たり前か)で、懐かしい味。カスピ海ヨーグルト特有の粘りも「そうそう、これこれ!」という感じ。でも、ちょっと質感や食感が今ひとつ。もっとピカピカしてほおずりしたくなるような艶があった気がするし、ヨーグルトなのにまるで噛んで食べるようなぷりっとした歯ごたえがあったと思う。
blog_030606c.jpg


その後、作り続けて数日経っているんだけど、なかなか気に入った仕上がりにならない。ヒーターのおかげで部屋の中は暖かいとは言えやっぱりニューヨークの冬は寒いのか、それともアメリカの牛乳とそりが合わないのか、プラスチックの容器が気に入らないのか…試行錯誤の日々。

カスピ海ヨーグルトって、全然手間がかからないんだけど、絶好のコンディションに落ち着くまでは、やっぱりペットみたい。毎日あれこれご機嫌伺いしながら育てているところ(笑)。

※カスピ海ヨーグルト復活を機に、アメリカの牛乳について調査したレポートをアップしました(3/10)


■カスピ海ヨーグルト オフィシャルサイト
http://www.shop-fujicco.com/caspia/
ちょっと見ていないうちに、いつの間にか内容パワーアップ!もうブームを通り越してすっかり定着してる様子。市販品もあるんだ!

カスピ海ヨーグルト専用のヨーグルトメーカーまで登場しちゃってるよ!
B0007WTBOWHario カスピ海ヨーグルトメーカー EHC-3
ハリオ




■最近のMy健康ブーム
ヨガマット&バランスボール
 実はあんまり使っていない…(苦笑)。学校が忙しいとつい(言い訳)。
ヨガ再開
 これは、週2回ちゃんと通っている!
美味しく炊けた
 圧力鍋を使った玄米は、すっかり我が家の食卓の定番。白米の登場回数激減。
節分!「福は内カレー」
 圧力鍋のおかげで、最近は、豆料理もするようになってきた。
安くて旨いベトナム料理「PHO VIET HUONG」
 チャイナタウンで、安くて新鮮な野菜をたっぷり調達!

ガイジンが喜ぶニッポン

アメリカ人のクラスメイト、デイヴィッドが「ヘイ、アヤーキー! 僕、春休みにガールフレンドとトーキョー(Tokyo)へ旅行に行くんだけど、いろいろ教えてほしいんだ」とやってきたので、「OK!まかせて、何でも聞いてよ」って軽く引き受けて、もう一人日本人のクラスメイトと一緒に、3人でスタバへ。どんなことに興味があるのか聞き出しながら、彼が持ってきてくれたトーキョー(Tokyo)のガイドブックを見ながら、あれこれミーティング。
(彼はとてもナイスガイで、我々にコーヒーをごちそうしてくれた)

「OK!まかせて!」なんて言ってみたものの、結構頭を悩ませてしまった。最近のことはあんまり知らないし、おすすめレストランを聞かれても「あれれ?いつもどこで食べてたっけ?」って感じ。人間の脳はどんどん忘れるようにできている…とは言っても、忘れ過ぎじゃないの~、私(苦笑)。

それと、トーキョー(Tokyo)のガイドブックを見て改めて思ったのは、東京の電車って複雑~! 網の目のように描かれた地下鉄マップとJRマップ。これは、初めて東京に行く、しかも日本語は「アリガト」と「ベジタリアン」しか話せないガイジンが乗りこなすのは、ほとんどインポッシブルじゃないかなぁ。地下鉄に乗ったり乗り換えたりするだけで時間食っちゃいそうなので「地下鉄はなるべく乗らないで、JR中心に乗った方がいいよ」とアドバイス。心配なのは、乗り物に乗るとき、英語案内が十分にあったかどうか。きっと、日本の状況も変わってきているとは思うけど、外国人がさくさくと切符を買ったり電車に乗ったりできるほど丁寧じゃないような気がする。


下記は、デイヴィッドの興味関心を元に作ってみたリスト。伝統的なものとか日本独特のアート、プロダクトやおもちゃなどに関心がある模様。

■新宿エリア
・歌舞伎町
ガイジンには大人気で、結構知ってる人も多い。「ネオンがタイムズ・スクエアっぽいので、夜に行くといいよ」とアドバイス。

・東急ハンズ
ガイドブックで読んだらしく、行ってみたいというので新宿店をおすすめ。渋谷にもあるけど、新宿の方が位置も分かりやすいし、広々していてよいかな、と。確かに、東急ハンズみたいに、おもちゃや文具、道具、素材までいっぺんで揃う便利な店って、ニューヨークにはないからなぁ。

・ドンキホーテ
何でもあってしかも安くて、ごっちゃりしていてガイジンには楽しいのではないかと。他の地域にもあるけど歌舞伎町に行くついでに寄ってみるといいよ、と。

・ヨドバシカメラ
日本のデジカメを買いたいそうなので「じゃあヨドバシがいいんじゃない?」と。

・王様のアイデア
「新宿駅の中にあるから、立ち寄ってみたらいいんじゃないかな」と。


■原宿・表参道エリア
・表参道ヒルズ
まだまだ混んでいるのかなあ?いつの間にこんなヒルズが!「建築は安藤忠夫だし、今一番ホットだから、ぜひ行ってこい」と。

・明治神宮
ここはやっぱりガイジンには外せないでしょう。

・キディランド
日本の可愛いキャラクターものが揃っていて、アメリカ人に知名度が高い。アメリカのキャラクターと全然違う、日本の"ゆるかわキャラ"は驚異的にキュートらしい。

・太田記念美術館
やっぱり浮世絵は見ていただかないと。
http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/english.html

・オリエンタル・バザール
ガイジンの喜びそうな日本のお土産がいっぱい。日本人から見ると「あれ?」ってものもあるし、ちょっと高いけど、見るだけでもいいんじゃないか、と。

・ランキング・ランクィーン
「もし渋谷に行くなら駅中にあるから、寄ってみたら?」と。


■六本木・麻布十番エリア
・六本木ヒルズ
「美術館もあるし、展望台もあるし、日本庭園チックな庭もあるし、レストランもショッピングセンターもあるし。とりあえずここに行けば、楽しいでしょう」と。

・麻布十番界隈
「ヒルズとは違って、下町人情のあふれるエリアなので、両方行けば、都会的な雰囲気と下町情緒が同時に楽しめるよ」と。


■築地・銀座エリア
・築地魚市場
実は私は行ったことないんだけど、ガイジンには知名度高し。ぜひ、本当の旨い寿司を堪能してきてほしい。
http://www.tsukiji-market.or.jp/youkoso/welcom_e.htm

・歌舞伎座
定番かもしれないけど「Kabuki」は桟敷席でいいからちょっと味わってほしい。外側から見た建物や周辺の雰囲気だけでも結構楽しめると思うし。


■浅草・上野エリア
・アメ横
ユニオン・スクエアのグリーン・マーケットみたいなところに行きたい」と言うので、ちょっと考えてアメ横を勧めてみた。

・下町風俗資料館
行ったことないけど「こんなところもあっておもしろそうだよ~」と。
http://www.taitocity.net/taito/shitamachi/

・浅草
「問答無用!東京に来るガイジンは全員行け!(笑)」というエリア。

・はとバス
浅草周辺って、地下鉄に乗り継がなくてはいけないし、ちょっとアクセスが難しいかもしれないので、はとバスの英語ツアーを勧めてみた。銀座、浅草、皇居などを効率的に回るツアーもあるし、クルージングまで含まれていたりして、結構楽しいと思う。
※実は、渡米前に「おもしろそう」と思い英語ツアーに乗ったことがある(笑)


■秋葉原・両国エリア
・秋葉原
日本のオタク・カルチャーやマンガ、アニメは世界的に有名。「メイドカフェっていう新しいカフェが生まれているらしいので、ぜひ行って感想を教えて」と依頼(笑)。

・両国国技館
相撲レスラーが見たいらしい(笑)。「今、相撲はシーズンじゃないけど、国技館の周辺に行けば、相撲レスラーはよく歩いているから見ることはできるんじゃないかなあ」と。

・江戸東京博物館
行ったことないんだけど、たぶんガイジンには楽しかろうと。
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/english/index.html


■鎌倉エリア
日帰りで箱根に行きたいと言うので「わー、箱根は遠いし、車がないと日帰りはキツイかもよ」ということで、代わりに鎌倉を推薦。「桜花見にはちょっと早いけど、梅を見られる寺がいっぱいあるよ」と。鶴岡八幡宮や大仏の他、長谷寺、円覚寺、銭洗弁天などを紹介。

やっぱり外国人に人気エリアのためか、鎌倉市運営のサイトには英語版も。
http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/english/index.htm


その他、教えてあげたこと。

1.日本を紹介している英語サイト
結構詳しく載っているので役に立つはず、と。
・Japan-Guide
 http://www.japan-guide.com/
・Yokoso Japan(国土交通省がやっているキャンペーン)
 http://www.japanwelcomesyou.com
・Tokyo Metropolis
 http://metropolis.japantoday.com/

2.カタカナの発音の仕方
地名とか店名など、いかに抑揚やアクセントをつけずに発音するか。「鎌倉は"クマクーラ"じゃなくて"カ-マ-ク-ラ"と1音ずつちゃんと発音するんだよ」とか「江戸はエド。イドじゃないよ。日本語では"E" は"え"としか発音しないよ」「六本木は、"ポーンギ"じゃなくて、"ロ・ポンギ"。ロとポの間で一回とめる」など、徹底的にたたき込む(笑)。おかしいけど、実はこれが重要じゃないか、と思う。道に迷ったり、電車に乗りたいときに、とりあえず名前を連呼すれば、何とかなるはずだから。


いや~、しかし、やけに熱心にまとめてしまった!!
(ヒマな訳では決してないんだけど…苦笑)
やっぱり初めて日本に行くというのでよい印象を持ってほしいし、せっかく14時間も飛行機に乗っていくんだから楽しんでほしいし。

さて、デイヴィッドくんは、どんな日本の旅を満喫してくるのか楽しみ。彼からおもしろい報告があったら、またブログで紹介するつもり。

もし他に、ガイジンが喜びそうな観光地情報をご存知の方がいれば教えてください!!私の、日本の友人の方で「英語の練習に」「アメリカ人の友人がほしい」などの理由で案内をしてくれる方も募集中!


(※文中で、Non-Japanese Peopleを「ガイジン」と親しみを込めて表記しましたが、決して差別的・排他的な意味ではありません)

やっぱり気になるアカデミー賞

観ていない作品が多いとは言え、やっぱり気になるアカデミー賞。学校の課題がたまっているのに、ついついテレビに見入ってしまう(苦笑)。

よく、レッドカーペットを歩く女優たちのドレスが話題になったりするけど、私が気に入っているのはプレゼンターのパフォーマンス。蒼々たるメンツの俳優たちが続々やってきて、メイクアップ賞の時は自分もメイクしてきたり、視覚効果賞の時もコメディっぽいことをやったりして、それだけでちょっとしたショーっぼくて楽しめる。

さて、今回のアカデミー賞、あくまでも個人的なニュース(!?)を少々…。

・「ハウルの動く城」受賞逃す!
まぁ今回はあまり期待していなかったとは言え、やっぱり残念。でも長編アニメ賞を受賞した『ウォレスとグルミット』は大好きな作品なのでOK!
>参考「ハウルの動く城

・監督賞に初のアジア人!
『Brokeback Mountain/ブロークバック・マウンテン』のアン・リー監督が受賞。私としては「初のアジア人」ということが嬉しかったんだけど、本人は「中国、台湾、香港のみなさん、ありがとう!」と言ったのが、ちょっと残念。「日本はもっとアジア各国との友好関係を改善しないといけないんじゃないの~」という気も。

・「SAYURI(Memoirs of Geisha)」が美術賞、撮影賞、衣装デザイン賞を受賞!
日本人が受賞した訳じゃないけど、日本の美しさを幻想的に描いたこの作品が、ビジュアル面を高く評価された賞をとったのは嬉しいこと。受賞者からは「たくさんのインスピレーションをくれた日本のみなさんにも感謝します」とのコメントも。内容については、結構ボロクソに批評されているけど、私はあれはあれでいい、って思う。
中国では、この作品が上映禁止になってしまった。多くの中国人は、芸者を売春婦や娼婦と思っており、中国の人気大女優が芸者を演じたことが、すでに蔓延している反日感情をさらにあおる可能性があるから…というのがその理由。ここでも、日本のアジア外交についてちょっと考えさせられてしまった。
>参考「ハリウッドから見た日本『MEMOIRES OF A GEISHA』

・アニメーション短編賞を受賞したのが、私の学部の教授!
専攻が違うので、全然知らない先生だし、ノミネートされていたのも知らなかったんだけど…。ちょっと驚いた!


■本家アカデミー賞のウェブサイト
映像や写真が多くて、臨場感たっぷり!
http://www.oscars.com/


■受賞作品一覧
<主要な賞>
☆作品賞(Best Picture)『Crash/クラッシュ』
[ノミネート]
『Brokeback Mountain/ブロークバック・マウンテン』
『Capote/カポーティ』
『Good Night, and Good Luck/グッドナイト&グッドラック』
『Munich/ミュンヘン』

主演男優賞(Actor in a leading role)
☆フィリップ シーモア・ホフマン『Capote/カポーティ』
[ノミネート]
テレンス・ハワード
 『Hustle & Flow』
ヒース・レジャー
 『Brokeback Mountain/ブロークバック・マウンテン』
ホアキン・フェニックス
 『Walk the Line/ウォーク・ザ・ライン 君につづく道』
デヴィッド・ストラザーン
 『Good Night, and Good Luck/グッドナイト&グッドラック』

主演女優賞(Actress in a leading role)
☆リース・ウィザースプーン『Walk the Line/ウォーク・ザ・ライン 君につづく道<』
[ノミネート]
ジュディ・デンチ
 『Mrs. Henderson Presents/ミセス・ヘンダーソン・プレゼンツ』
フェリシティ・ハフマン
 『Transamerica/トランスアメリカ』
キーラ・ナイトレイ
 『Pride and Prejudice/プライドと偏見』
シャーリーズ・セロン
 『North Country/スタンドアップ』

助演男優賞(Actor in a supporting role)
☆ジョージ・クルーニー『Syriana/シリアナ』
[ノミネート]
マット・ディロン
 『Crash/クラッシュ』
ポール・ジアマッティ
 『Cinderella Man/シンデレラマン』
ジェイク・ギレンホール
 『Brokeback Mountain/ブロークバック・マウンテン』
ウィリアム・ハート
 『History of Violence/ヒストリー・オブ・バイオレンス』

助演女優賞(Actress in a supporting role)
☆レイチェル・ワイズ『The Constant Gardener/ナイロビの蜂』
[ノミネート]
エイミー・アダムス
 『Junebug』
キャサリン・キーナー
 『Capote/カポーティ』
フランシス・マクドーマンド
 『North Country/スタンドアップ』
ミシェル・ウィリアムス
 『Brokeback Mountain/ブロークバック・マウンテン』

監督賞(Directing)
☆アン・リー『Brokeback Mountain/ブロークバック・マウンテン』
[ノミネート]
ベネット・ミラー
 『Capote/カポーティ』
ポール・ハギス
 『Crash/クラッシュ』
ジョージ・クルーニー
 『Good Night, and Good Luck/グッドナイト&グッドラック』
スティーヴン・スピルバーグ
 『Munich/ミュンヘン』

長編アニメ賞(Animated Feature Film)
☆『Wallace & Gromit: The Curse of the Were-Rabbit/ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!』
[ノミネート]
『Howl's Moving Castle/ハウルの動く城』
『Tim Burton's The Corpse Bride/ティム・バートンのコープスブライド』

外国語映画賞(Foreign Language Film)
『Tsotsi/ツォツィ』(南アフリカ)

脚本賞(Original Screenplay)
『Crash/クラッシュ』

脚色賞(Adapted Screenplay)
『Brokeback Mountain/ブロークバック・マウンテン』

美術賞(Art Direction)
『Memoirs of a Geisha/SAYURI』

撮影賞(Cinematography)
『Memoirs of a Geisha/SAYURI』

衣装デザイン賞(Costume Design)
『Memoirs of a Geisha/SAYURI』

編集賞(Film Editing)
『Crash/クラッシュ』

メイクアップ賞(Makeup)
『The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe/ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女』

作曲賞(Music (original score))
『Brokeback Mountain/ブロークバック・マウンテン』

オリジナル歌曲賞[Music (original song)]
『Hustle & Flow』“It's Hard Out Here for a Pimp”

音響賞(録音賞)(Sound Mixing)
『King Kong/キング・コング』

音響編集賞(Sound Editing)
『King Kong/キング・コング』

視覚効果賞(Visual Effects)
『King Kong/キング・コング』

ドキュメンタリー賞(Documentary Feature)
『March of the Penguins/皇帝ペンギン』

ドキュメンタリー短編賞(Documentary Short Subject)
『A Note of Triumph』

実写短編賞(Live Action Short Film)
『Six Shooter』

アニメーション短編賞(Animated Short Film)
『The Moon and the Son: An Imagined Conversation』

少しだけ春がやってきたグリーン・マーケット

今日は久々にユニオン・スクエアのグリーン・マーケットへ。

グリーン・マーケットとは、ニューヨーク近郊の小さな農家が良質の野菜や果物を持ってやってくる市場。毎週月・水・金・土曜日に開催されていて、オーガニック野菜や果物だけでなく、自然素材で作られたパンやジャムなどもたくさんある。決して全てが安い訳ではないけれど、健康志向の高いニューヨーカーで賑わう。旬の素材にこだわっている有名レストランのシェフも、足繁く通う市場。

自然栽培された野菜や果物が中心なので、当然、冬は出店している農家が少ない。秋の収穫時期の後に開催されるクリスマス・マーケットが終わってしまうと、出店しているお店はまばらになってしまう。それで、しばらく足が遠のいていたんだけど、今日はちょっと天気もよかったので、どんなお店が来ているかな~と、買い物がてら久々にのぞいてみることに。

季節を問わず並んでいるのは、パンやジャム、チーズやハム、果汁、メイプルシロップなどの加工品。どれもこれも美味しそう!
blog030506a.jpg

blog030506b.jpg

blog030506c.jpg


冬の生鮮食品は、果物はせいぜいリンゴ、野菜はジャガイモなど。
blog030506d.jpg


おもしろいものでは、ウールの毛糸。植物などの天然色素で染めたという毛糸は、色むらがあったり、毛の太さもまちまちなんだけど、そこがまた味わい深い。
blog030506e.jpg


「Grapple」という飲み物を見つけて「何これ?」と聞いたら味見させてくれた。80%ぶどう、20%リンゴ、そしてシナモンを加えてある温かい飲み物。Gpape+Appleなので「Grapple」というらしい。砂糖は全く加えていない自然な甘みにシナモンがきいていて、素朴な味。ポカポカしていて体も温まる。
blog030506f.jpg


まだまだ出店している農家も少なくて冬っぽい品揃えなんだけど、サラダ用のグリーンや花を持ってきている農家もちらほら。
blog030506g.jpg

blog030506h.jpg


水菜(Mizuna)を持ってきている業者もあってビックリ。水菜、久々に見た!丸い葉っぱが混ざっていて「これ、水菜じゃないみたい」と言ったら、「初めの葉っぱは丸いんだよ」と。寒い中、土から出てきたばかりの水菜なのかぁ!そう思うと、何だかとても愛らしい。
blog030506i.jpg


まだまだ毎日寒いけど、着実に春が近づいているのを感じられて、嬉しい一日。


■ユニオン・スクエアで開催される市場に関する記事
Green Market
Union Square Xmas Market

ベスト・エスプレッソ!「Caffe Dante」

今日は、グリニッジ・ヴィレッジにあるお気に入りの通り、MacDougal Streetにある老舗のイタリアン・カフェ「Caffe Dante(カフェ・ダンテ)」へ。
blog030406a.jpg


お店の名前はフィレンツェの詩人・ダンテからとったらしく、一見地味な外見なんだけどとても趣がある。特に有名なのはエスプレッソ。ベスト・エスプレッソ・カフェと絶賛されているとか。セレブもたくさん訪れるらしい。

オーダーしたのは、「カフェ・エスプレッソ・ダンテ」。お店の名前がついているので選んだんだけど、香り高くて濃厚。クリームもたっぷりで、見た目も愛らしい($2.75)。ふだん、エスプレッソはストロングすぎることが多いのであんまり飲まないんだけど、これは、クリーミーでマイルドで、なるほど、確かにベスト・エスプレッソ!って感じかも。
blog030406b.jpg


そして、イタリアン・ブレッドを使ったチーズサンド。外側はカリッとしていて、内側はもちもちした食感。軽くトーストしてあって香ばしい!かなり歯ごたえがあるので、満腹感たっぷり。パンにチーズを挟んでトーストするというシンプルな調理法だけに、素材の良さにこだわりを感じる($6.25)。
blog030406c.jpg


この他にもメニューがとても豊富。イタリアのハムやチーズを使ったサンドイッチやサラダ類などの軽食をはじめ、ケーキやジェラートなどのイタリアン・デザートもたくさん。夜はバーとしても人気で、お酒の種類もいっぱいある。

ケーキやジェラートの並ぶカウンター。
blog030406e.jpg


バースペース。
blog030406d.jpg


朝食やランチはもちろん、お茶でも、バーでも、いつ行ってもゆったりくつろげるカフェ。お店の中に、常連らしき客が新聞を読みながらエスプレッソを飲んでいたり、お店の人と談笑している姿が、とてもいい感じ!

Caffe Dante
79-81 Mac Dougal Street
(Between Bleecker Street & West Houston Street)
New York City, NY 10012
Tel 212-982-5275


■この界隈にあるおすすめカフェ
「Caffe Reggio」
アメリカに初めてカプチーノを伝えたカフェ。映画「ゴッドファーザー」にも登場。

「Le Figaro Cafe」
以前、ベリーダンスショーを見に行ったカフェなんだけど(笑)、今日紹介した「Caffe Dante」、上記の「Caffe Reggio」と並んで、グリニッジビレッジ老舗の三大カフェと呼ばれているらしい。ショーを見に行ったときは、ショーに気を取られていたので、あんまり食事や店内の様子は見てなかったなぁ!また今度行ってみたい。

※他にも紹介したいところがあるので、また随時!

騒音&振動

うちのアパートビルの1階部分にはレストランが入っている。最近、そのレストランがつぶれてしまい、しばらく空だったのだけど、数日前から何やら工事が始まった。看板を見ると、どうやらスポーツバーになるらしい。週末やスポーツイベントのシーズンは、酔っぱらった若者でうるさそうだなぁ。

今日は一日中工事で、ドリルみたいなものでガーガーやっていた。騒音だけじゃなく振動も激しくて、「ちょっとこの音、何?」と管理人に電話したけどやっぱり出ない

あまりにうるさいので、仕方ないので、わざわざ階段を下りて見に行った。そして工事の人に「ちょっと~、うるさいんだけど~。ちゃんと許可もらってるの? 私、この上に住んでるんだけど。大家や管理人には何も聞いてないけど。」と文句をつけてみた。
(あぁ、こういう時もニューヨーカーになったのを実感する。苦笑)

若い兄ちゃんが「うん、もらってる。ごめんよ。うるさいのは今日だけで、しかも、これは1~2時間で終わるから」と。ふ~ん、なるほどね。でも2時間で終わるはずがないと思ったら、案の定夕方までやっていた。でも、アメリカ人は残業しないので、4時半くらいには静かになったけどね(笑)。

日本だったら工事があるときは、事前に「工事があるので騒音うるさいけどよろしくね」くらいの貼り紙があって然るべきなんだろうけど、まぁ、ここはニューヨーク。そういう配慮は期待しない! 騒音が気になるならマンハッタンには住めないしね。

しかし、本当に一日中うるさかったなぁ。
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。