New York ものがたり

3年ぶりに東京に戻っています!逆カルチャー・ショックや浦島太郎ぶり、ニューヨークとの比較などをアップしていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お酒と根気

前々からあまりたくさん飲める方ではなかったのだけど(飲めそうに見えるのに。苦笑)、最近は、体調にもよるけれど、ますます飲めなくなったような気がする。

…というか、まぁ多少は飲めるのだけど、その後の「根気(?)」がなくなってしまったような感じ。ビールを少し飲んだだけでも、集中力や思考能力が低下してしまって何もできないことが多い。

うーん。
スポンサーサイト

手作りマヨネーズ

外食ではやっぱりこってりしたものが多いため、家で作るときは、ほとんど和食っぽいメニューが多い。日本にいたときより、和食を頻繁に作っていると思う。そんな訳で、ふだんあんまり料理に油をたくさん使わないんだけど、マヨネーズは結構使うな~と思い、ふとマヨネーズを作ってみることに。

[材料]
卵黄 1個分
お酢 大さじ1と1/2
砂糖 小さじ1/2
塩 ひとつまみ
油 120cc

[作り方]
室温に戻した卵黄にお酢を入れ、泡立て器でクリーム状になるまでかき混ぜる。この課程を丁寧に時間をかけることで、保存性が高まるのだそう。砂糖、塩の順に加えてさらにかき混ぜる。油を少しずつ加えながら、さらにかき混ぜてできあがり。

コツはとにかく根気よく泡立てること!?

下記の写真は、卵黄にお酢を入れて乳化させた状態。
blog042807a.jpg


私は、エクストラ・オリーブ・オイルを使って作ったので、色はやや黄緑色、香りもオリーブ・オイルが強く、かなり個性的な味に仕上がった(笑)。一般的なマヨネーズの味にするなら、やっぱり米酢とサラダオイルとかが無難みたい。
blog042807b.jpg


自分で作ると、塩はシーソルト、砂糖はブラウンシュガー、お酢はオーガニックの玄米酢…といった具合に素材にこだわることもできるし、お酢や油の組み合わせを変えればいろんな味を楽しめる。油を少なめにしてカロリー低めのマヨネーズも作れる。

うーん、これは結構おもしろいなぁ。
材料は家にあるものだけでできるし、作り方も、ちょっと手間がかかるだけでとても簡単。マヨネーズの空き瓶をボウル代わりに使えば、移し替えたりする必要もなく、さらに簡単!


■マヨネーズ作りを楽にしてくれたのは、やっぱりこのブレンダー。アタッチメントを泡立て器に変えれば、根気のいるマヨネーズ作りもあっと言う間。
Braun マルチクイック MR5550 CA
B0000DIJAB


■このブレンダーを使って作ったものいろいろ。
はじめて使う野菜「バターナッツ・スクワッシュ」
手作りハムス
夏バテ防止にスムージー&フレッシュジュース
何となく体調が悪い…という人に「フラックス・シード」

※これ以外にも氷も砕けるし、コーヒー豆も挽けるので、すっかり我が家になくてはならない家電に。

ワンコ用レインコート

今日は予報通りどしゃ降りの雨(夕方からあがったけど)。それで、今預かっているワンコにレインコートを着せて散歩へ。
blog042707a.jpg


前に預かった時はレインコートは託されていなかったので、今回実はレインコートを着せるのが密かに楽しみだった(笑)。

散歩していると、通りすがりの人が、いつもに増して「かわいい!」と声をかけてくれる。

犬って、猫と違って、いろんなグッズがあっておもしろいなぁ。
例えば、犬用のクッキーもたくさんの種類があるし、歯をきれいにするおやつなんかもあるし。

まるで1週間の中に四季があるみたい…

やっと春になったと思ったら、いきなり夏のような気候になり、昨日はまた急に天候が崩れて冷え込んで、冷たい雨が降り出して気温は10度以下に急降下。なんと、またヒーターが入る程の寒さにまで冷え込んだ(※ニューヨークでは、気温が13度以下になると、アパートの大家が暖房を入れる決まりになっている)。今日は天気はいいのだけど気温はやや低め、明日は雨が降るらしい。

まるで1週間の中に四季が存在するような変化に富んだ天気!。

そんな気候のせいもあってか、昨日は一日ダウンしてしまい、ブログもアップできず…。何となくまだ本調子ではないのだけど、ぼちぼち始動しているところ。

高級老舗デパート内レストラン「BG Restaurant」

ニューヨークに来てからすっかり縁遠くなってしまったデパート。
(日本にいたときは伊勢丹が大好きだったのだけど)

ラインナップが華美すぎるというか何というか…値段が高いのもあるけど、あんまり心惹かれる商品がないせいかも。このブログでも、ニューヨーク最大級のデパート「Macy's」がスポンサーをするイベントについて触れるくらいなのだけど(苦笑)、実はニューヨークには結構デパートがたくさん存在する。

その一つ、バーグドーフ・グッドマン(Bergdorf Goodman)にあるレストラン「BG Restaurant」へ。

バーグドーフ・グッドマンそのものは、かなり高級で年齢も上の方を狙っている雰囲気。お客もゆったり過ごす有閑マダムがばかり。「なるほど、私とは縁遠いわけだ~」と納得(笑)。レストランにも、お買い物の間にちょっと一息入れるマダムたちが溢れていて、意外や意外、結構な混雑ぶり。

雰囲気はいかにもデパートの最上階といった感じで、ちょっと天井が低いのが気になるけど、窓からはセントラルパークが見えるし、意外に穴場かも。お料理の味もなかなかで、盛りつけも上品で、奥さま仕様!?
blog042407a.jpg

blog042407b.jpg


レストランというより、奥さま方の優雅な生活をかいま見たのがおもしろかったかも(笑)。

■Bergdorf Goodman
www.bergdorfgoodman.com

ブルックリン植物園でお花見

やっと春が来た…と思ったら、すっかり初夏のような気温になっているニューヨーク。今日はこの時期としては記録的な暑さで28-29度!まさに「春は一体どこへ…」という気分なのだけど、そんな気候の中、昨日はブルックリン植物園にお花見に行って来た。

ブルックリン植物園は「Japanese Garden(日本庭園)」や桜が有名で、毎年「Sakura Matsuri」と言うイベントも開催されている(※今年のSakura Matsuriは今週末28日-29日)。

これがその日本庭園。ちょっとやりすぎっぽい感じもするけど、なかなかがんばっていると思う。
blog042307a.jpg


さすが植物園というだけあって、いろんな種類の桜が咲いているのだけど、いわゆる日本の桜、ソメイヨシノは今がちょうど見頃だろうと予想して、昨日出かけてきたのだけど、結果的には大正解!ベスト・タイミングで美しい桜を堪能。
blog042307b.jpg


しだれ桜の形と色も美しい。
blog042307c.jpg


マグノリア(木蓮)もピーク。
blog042307d.jpg


アメリカ人には八重桜の方が人気。ピンクの色も濃いし、花びらが幾重にも重なってゴージャスだからという理由。八重桜は、まだほとんど咲いていなくて、たぶん、来週頃にはいい感じなんじゃないかな。アメリカ人から見ると、ソメイヨシノは色も薄くて、シンプル過ぎてパワーに欠けるのかも。あ~、このはかなさは、やっぱり日本の美!

さて、「お花見」…とは言っても、ニューヨークでは屋外での飲酒は禁止されているため、日本のお花見とは違って桜の木の下で宴会をするわけではない。それでもやっぱりお弁当を持参し、こっそり水筒の中に冷えた白ワインを忍ばせた(笑)。そしてカフェテリアの近くで敷物を敷いてランチ・タイム。
blog042307e.jpg


ランチの後は少しぶらぶらした後に、桜の木の真下で2時間近く昼寝。ぽかぽかと気持ちよく、芝生はひんやり、風がそよそよして、最高に気持ちいい!! 

亀も気持ちよさそうに甲羅干し。
blog042307f.jpg


ちょっとだけ残念だったのは、ブルックリン植物園はルールが厳しいこと。ちょっと芝生に座ろうとして敷物を広げようとしたら「敷物は敷いちゃだめ(直に座る分にはいいみたい)」、じゃぁ敷物なしで座ろうと別の場所に行ったら「そこは座ってはいけない」。お弁当はカフェテリアの近くで食べていたのだけど(カフェテリアのテーブルでなく、あくまでも近くの地面に敷物を敷いていた)、「ここでは買ったもの以外食べてはいけない」とか、ちょっとうるさい。この時期は日本人は宴会始めないよう、厳しくマークされているのかも。まぁ、でもそんなことは帳消しにできるくらい、気持ちよかった。

夜は一緒に行ったM子さん宅で手作りごはん&お酒で宴会。のんびりといい一日だったなぁ。

■ブルックリン植物園
ウェブサイトにもローマ字で「HANAMI」と大々的に書いてある。SushiやTeriyakiのように英語になる日も近い!?
www.bbg.org

■ワシントンDCの桜
やっぱりソメイヨシノを堪能するにはワシントンDC。ブルックリン植物園は、さすが植物園なので、いろんな種類が楽しめるけど、ソメイヨシノはそんなにたくさんあるわけではない。
お花見 in ワシントンDC

ワンコがまたやってきた!

前に合計3週間ほどお預かりしていたワンコをまた預かることになり、昨日我が家にやってきた。ワンコも家を覚えているようで、前よりはずっとリラックスしているかも。
blog042207a.jpg


前に来たときは寒い冬だったんだけど、今回はもうすっかり暖かくなっているので、散歩も楽しい!今回は約1カ月の、ちょっぴり長めの滞在。

これはもう「犬カテゴリ」を作った方がいいかもしれない…(笑)!


■1回目の滞在
犬が来たよ!
ワンちゃんとの初散歩
犬と一緒にカフェでのんびり
ドッグ・ラン・デビュー
ドッグ・フレンドリーな街

■2回目の滞在(いろんな時にワンコが登場)
また犬が来た!
イースト・リバー・サイド・パーク
吹雪!(犬も退散)
久々に最低気温もゼロ度以上
さようなら、ワンちゃん

春は一体どこへ…(Part2)

どこかで見覚えのある今日のタイトル!?
つい1週間ちょっと前に「春は一体どこへ…」というタイトルで、ブログを書いたばかり。

昨日、やっと春が来たと思ったら、今日の日中の気温は26度と、いきなり夏のような気候(爆)! 街の中もタンクトップに短パン、サングラスに草履といった格好で、片手にアイスクリームを持って歩く人々であふれかえっている。女性もいきなり夏のワンピースで露出大。みんな、よくこんな簡単に夏支度が整うな~と感心してしまうほど。

先日の「春は一体どこへ…」は「寒くていつになっても春らしくならない」という話題だったけど、今日の「春は一体どこへ…」は「え、いきなり夏!?」という意味(苦笑)。

ニューヨークの気候が極端という話はよく書くけれど、今回もまた極端だー。まぁ、いきなり寒くなるより、いきなり暖かくなる方が、全然ましなのだけど。

■気温のアップダウンが激しい…という過去の話題
気温差
風邪にも地域性
寒い~、マイナス12度!
初雪!?

やっと春が来た!

ここしばらくぐずついた天気が続いていたのだけど、昨日の午後遅くから天気が回復し、今日は本当に久々にサン・シャイン! 気温もぐんと上がって、ようやく厚いコートなしで外出できるように。

3月末のオーランド旅行2週間前のワシントンDC滞在で、一足早い春らしさを味わってはいたけれど、やっぱりニューヨークで春を実感できるのが嬉しい。

「待ってました!」と言わんばかりに咲き乱れるマメナシの花。この花は、日本で言うと桜のような感じで、あちこちに植えてあり、春の訪れを告げてくれる。
blog042007a.jpg


いつも「まだまだ油断できない」と思ってきたけど、今後こそ、もう4月下旬だし、ようやく本格的に春がやってきたと信じたい。ニューヨークは冬が長くて、春と秋はあっと言う間に終わってしまうので、短い春を満喫しなくちゃ!

心も体もウキウキして、思わず部屋の片づけをしてしまった…(笑)。

■関連記事
気候とニューヨーカー
桜みたいな、気になる木

これが一般的なアメリカ?

だらだらと引っ張っていた「3/27-29のオーランド旅行」の話題(下記リンク参照)、ようやく今日でおしまい。実際には「引っ張っていた」という訳ではないのだけど、たかが2泊3日の旅行なのに、やっぱり旅行は新しい発見があって、ついつい書くことが増えてしまう。実際、「正味1日ワシントンDCの旅」(下記リンク参照)ですら、4回も書くことがあった訳だし。

さて、先日は、泊まってもいないのに図々しく(?)ディズニー直営ホテルに潜入した話題を書いたけれど、私が泊まったホテルもちょっと紹介。激安ツアーなのであんまり期待してなかったけど、プールやミニゴルフなどもあって、それなりに楽しめた。
blog041907a.jpg


最終日の話題をまとめて。
時間が中途半端だったので、ホテルのプールで泳いだ後、ホテル周辺をウロウロすることに。

さすが車社会アメリカ、道路を歩いている人がいない!かえって道を歩いている方が変にうつる。横断歩道は押しボタン式なのだけど、いつになっても変わらず、仕方なく無理矢理車道を横断。道路の脇にデニーズやマクドナルドが並んでいるのが、いかにもアメリカっぽい気がする。
blog041907b.jpg


野菜不足を補うにはブッフェが一番…ということで、名も知らないレストランのビュッフェでランチをとることに。もちろん野菜もあるのだけど、その他の食べ物は揚げ物や油脂、小麦粉ばかり!怖い~。
blog041907c.jpg


ふと周りを見回すと、オーバーウェイトの人たちが、コーラを片手に、山盛りのマカロニ・チーズ…。
blog041907d.jpg


デザート・コーナーには、油脂たっぷりの焼き菓子だけでなく、砂糖で甘く煮た果物がいっぱい。あ~、砂糖で煮ないで~。
blog041907e.jpg


冗談じゃなくてこんな感じの人だらけ。これは土産物屋で見つけた冷蔵庫などに貼るマグネットなんだけど。
blog041907f.jpg


この辺の土産物屋の外観もすごい(爆)。
blog041907g.jpg


さすが、テーマパーク王国、オーランド!
blog041907h.jpg


…と最後は写真を中心に駆け足でまとめてみた。車社会に肥満社会…アメリカの大半では2/3の人が太っているのってホントなんだ~と実感しつつ(?)、オーランド旅行記、長々と読んでいただいてありがとうございました!


■これまでのオーランド旅行の話題
オーランドにやってきた!
オーランドにやってきた!(その2)
ただいま、マンハッタン!
オーランドという都市
で、でかい!ウォルト・ディズニー・ワールド
テーマ・パーク潜入!ウォルト・ディズニー・ワールド(その1)
テーマ・パーク潜入!ウォルト・ディズニー・ワールド(その2)
ディズニー直営ホテル


■正味1日、ワシントンDC旅行
ワシントンDC郊外より
お花見 in ワシントンDC
エッグ・ハンティング
快適バスの旅

春の長雨

ここ1週間くらい、ニューヨークでは雨だったり、どんより曇ったり、鬱陶しい天気が続いている。気温も低めで、さすがに氷点下にはならないけれど、日中の最低気温は2~3度、最高気温は8~9度くらいの日が続いている。

特に、この前の日曜日から月曜日にかけてものすごい豪雨があって、何とセントラル・パークでは7.5インチ(約19センチ)も降雨があったというので驚き。史上2番目の降雨量なのだとか。まぁ、雪じゃないだけマシかな。

私は単に雨の中歩いてびしょぬれになっただけで、幸い何ごともなく済んだけど、各地で地下鉄や鉄道、地下室に浸水があったり、被害が相次いだ模様(一刻も早い復旧をお祈りします…)。

こんな天候が続いているせいか、何となく頭が重くて喉も痛く、ちょっぴり風邪気味っぽい…。

しかし、こんな天気もようやく明日で終わりみたい。天気予報では明日は「Last Shower(最後の雨)」と言っている。金曜日からどんどん天気になって、一気にニューヨークに春が来るみたい。待ち遠しい!


■最近の天気の話題
春は一体どこへ…
雪の花

ディズニー直営ホテル

3/27-29のオーランド旅行(下記リンク参照)、いつまでも引っ張っているのも何なので、さっさと書いてしまおうと思っているところ…。

行き当たりばったりなオーランド旅行で、期せずしてディズニー・ワールドを体験することになったのだけど、やはり彼らのビジネスには学ぶところが大きい。一生に一回くらい、見ておいて損はない。

テーマパークだけでなく、関連ビジネスの何と多いことよ!!

映画にDVD、ビデオ、ゲーム、音楽、キャラクターグッズ、本や雑誌、インターネットや携帯サービス、他の商品やサービスへのライセンス供与…など、ディズニーで食ったり、ディズニーの恩恵を受けたりしている人は、一体どれくらいいるのか計り知れない。

今回ついでに「ディズニー・オフィシャル・リゾート・ホテル」と呼ばれるディズニー直営のホテルも見学に行ってみた(泊まっていないのに図々しい!?)。文字通りディズニーが直営しているホテルで、テーマパークへのアクセスもよく、ショーや駐車場ほか各サービスへの優先権があったり…と、ディズニーを楽しみたい人にはもってこいのホテル。ランクはいろいろあるのだけど、一般的にはかなり高めの値段。

全部で20くらい直営ホテルがあって、一つ一つテーマが違って、ホテルそのものも楽しめるため、毎年違うホテルに泊まるリピーターもいるのだとか。

見に行ってみたのは「アニマル・キングダム・ロッジ」。
(実はここのビュッフェがオーランドで一番美味しいという噂で出かけてきた。笑)

「うーん、さすが直営ホテル!」と唸らされるようなすばらしい作り。ここは名前の通り「アニマル」がテーマなのだけど、アフリカっぽい自然のテイストを活かしたインテリア。
blog041707a.jpg


しかし一番ビックリしたのは庭。広々とした庭に、シマウマや水鳥、バッファローなどがいて、悠々と草を食べたり水を飲んだりしている。部屋の向き次第では、部屋からサバンナのような美しい庭を眺めることもできる。
blog041707b.jpg


確かにこんな楽しいホテルに泊まったら、次は違うテーマの別のホテルも気になってしまう。「もう一度来たい」と思わせるこの魅力は一体何なんだ!? すっかりディズニー・パワーにやられそう…(笑)。ディズニーに興味なかったのに、いきなりファンになってしまいそうな気分だった。これがディズニー・マジックなのかも。


■これまでのオーランド旅行の話題
オーランドにやってきた!
オーランドにやってきた!(その2)
ただいま、マンハッタン!
オーランドという都市
で、でかい!ウォルト・ディズニー・ワールド
テーマ・パーク潜入!ウォルト・ディズニー・ワールド(その1)
テーマ・パーク潜入!ウォルト・ディズニー・ワールド(その2)

テーマ・パーク潜入!ウォルト・ディズニー・ワールド(その2)

ようやく、3月27日~29日に行ったオーランド旅行の話に戻って…(これまでの話は下記リンク参照)。まだまだ途中なのだけど、その後にワシントンDCに行ったり、ニューヨークの話題を書いたりしているうちに、すっかり昔の話になってしまった!

先日は、「エプコット」というテーマパークに行った話をしたのだけど、今日は、4大テーマパークの中で一番新しい「アニマル・キングダム」へ。

結果から言うと、「やっぱり、ディズニーの物作りに対する姿勢はすごい」ということ。この「アニマル・キングダム」は、来てよかったという気分にさせてくれた。

元もと、この旅行の発端は「ニューヨーク以外のところに行きたい」という理由だったので、「自然に触れたい」と思っていた。「アニマル・キングダム」は作り物ではあるけれど、作っていても、木々や花々は本物だし、作り物とは言っても、やっぱりかなり本格的なので、十分満足できた。

中は、真ん中にあるディスカバリー・アイランドという島を中心に、5つのテーマ別エリアがあるのだけど、またもや午後からノコノコ出かけたため、アジア・アフリカエリアを中心に回ってみた。

サファリ・パークの動物たち。
これはジープのような大きな車で回ってくれるものなんだけど、かなり広くて30分くらいあったかも。かなり本物っぽい(アフリカ行ったことないけど)ので、ここに暮らしている動物たちは、少なくとも他の動物園で暮らしているより幸せだと思う。
blog041607a.jpg

blog041607b.jpg

blog041607c.jpg


アトラクション(乗り物)も、やっぱり一番新しいテーマパークということだけあって、ハイテク(?)でスピード感やスリルが本格的!
blog041607d.jpg

blog041607e.jpg

blog041607f.jpg


ここのおもしろいのは、歩いて回れるトレッキングエリアがあること。バクやコウモリなど珍しい動物たちを間近で見られる。
blog041607g.jpg

blog041607h.jpg


いや~、ディズニー、恐るべし!
(あとちょっとディズニーの話が続きます)

■これまでのオーランド旅行の話題
オーランドにやってきた!
オーランドにやってきた!(その2)
ただいま、マンハッタン!
オーランドという都市
で、でかい!ウォルト・ディズニー・ワールド
テーマ・パーク潜入!ウォルト・ディズニー・ワールド(その1)

手作り包子パーティ

昨日のブログは中途半端だったので(苦笑)、ちゃんと続きを。
(言い訳:いつもは、夜に予定がある日は、その前にアップするように心がけているのだけど、ちょっと時間がなくて、しかも、「そんなに遅くならないかな」と油断していた!)

友人Hちゃんが、日本に一時帰国(2カ月くらい?)するので、その前に…とパーティを企画してくれたもの。

いろいろとお料理を用意してくれたのだけど、特に感動したのは手作りの肉まん(包子=パオズ)。
blog041507a.jpg


蒸したての包子(パオズ)は皮の部分はふんわり、中身がジューシーで美味しい! 買ってきた肉まんだと、紙が皮についている部分が湿ってベッチャリしているけど、蒸したてだと、全体がふっくら。包子なんて自分で作ろうと思ったことがないけど、手作りするとこんなに美味しいのか~と感動!

ごま団子も作ってくれて、揚げたては熱々で美味しい~。
blog041507b.jpg


時々、Hちゃんのお嬢さんのベビーシッターをしているご縁で、赤ちゃんに関する行事によんでいただくなど、何かとよく集まる仲。しばしのお別れ…ということもあってか、いつもよりずーっと長居してしまった!


■Hちゃん宅で催してくれたいろいろな集まり
お食い初め
手作り餃子大会
初節句

■包子作りにおすすめレシピ本
ウー・ウェンの北京小麦粉料理ウー・ウェンの北京小麦粉料理
ウー ウェン

大好きな炒めもの ウー・ウェンのきれいなからだの基本献立 北京のやさしいおかゆ―やさしく作れて体に優しいおかゆレシピ 北京の酒菜―8つの味型で作る100品 単純がうれしい北京のおかず

パーティの最中に更新…

たまに病気や旅行などでアップできないことがあったけれど、ほぼ毎日更新しているこのブログ。

今日は、友人宅でパーティに招かれているのだけど、友人宅で更新中。ちょっと家に帰っていると間に合わないし、毎日読んでくれている友人たちからも急かされて(!?)、パソコンをお借りしている。

今日のパーティの模様は、また後ほどアップ予定!

快適バスの旅

先週末の「正味1日・ワシントンDCへの旅」(下記リンク参照)の総括として、往復に利用したバスの話題。

これまでワシントンDCに行くには、全米のチャイナ・タウンを結ぶ通称チャイナ・バスに乗って出かけていたのだけど、そのサービスは安いだけが取り柄で最悪極まりない。時間通りに来ない、予約しても予約の意味がなくて早いもの順、車内が汚い…など、これまで散々な目に遭ってきた(下記リンク参照)。

今回は、何人かの人に教えてもらったジューイッシュ(ユダヤ人)が経営しているというバス会社のバスに乗車したのだけど、これが、すばらしく快適だった!

何と言ってもすばらしいのはスケジュールが正確なこと。時間通り、ぴったり出発する。出発時間の30分前から乗車できて、オーバーブッキングもない。車内もきれいだし、乗客が暴動を起こすこともない。途中で乗り換えさせられることも、違う行き先の乗客を統合されることもない。

…とここまで書いて、実はこんなことは当たり前なことに気づいた(苦笑)。今まで、あまりにも最悪なサービスだったので、当たり前のサービスがものすごく快適に感じる!

料金は、チャイナ・バスが往復35ドルなのに比べて、ジューイッシュ・バスは50ドル(片道25ドル)。でも往復15ドルの違いなんて、あの劣悪なバスに乗ることと比較すれば何でもない。しかも、このバスは、チケット1枚につき1枚ついてくるクーポンを4枚集めると、1回分チケットが無料になるというサービスまである。

もっと早くこのバスの存在を知っていればよかった…!


■正味1日、ワシントンDC旅行
ワシントンDC郊外より
お花見 in ワシントンDC
エッグ・ハンティング

■過去のチャイナ・バスに関する記事
懲りずにチャイナ・バス
何だか腑に落ちないチャイナバス
ボストン旅行

■Vamoose Bus
残念なのは、ワシントンDC・ニューヨーク間しか走っていないこと。
ボストンとかフィラデルフィアもあれば最高なのに。
www.vamoosebus.com

春は一体どこへ…

最近は、フラワー・ショーワシントンDCでのお花見イースター恒例行事のエッグ・ハンティングなど、春らしい話題が続いていたけれど、実はニューヨークは寒い日が続いていて、「春は一体どこへ行ったの?」という気分。

しかも今日は大雨が降っていて、一日中薄暗くて、ちょっと憂鬱。

これは数日前に撮影した近所の桜の木。
もう一息で咲きそうなんだけど、この寒さにまだつぼみを固く閉ざしたまま。
blog041207a.jpg


ちょっと話はそれるけど、大雨の中歩いているときのこと。車が横を走り抜け、水たまりの水がバシャーッと跳ね上がり、私の右半分がずぶぬれに! テレビや映画でそういうシーンを見ると、「そんな大げさな」と思っていたのだけど、「ホントにそういうことが起きるんだ~」と、なぜか笑えてきた。

あ~、早く春が来ないかな~。

エッグ・ハンティング

4月8日はイースター(復活祭)。イースターについては、これまでもこのブログでいろいろ書いてきたのだけど(下記リンク参照)、宗教的な行事のため、実際に関連の行事を体験したことはなかった。

ポトマック河畔でのお花見の後、Uさん宅で、イースター恒例行事、エッグ・ハンティングを初体験することに。毎年この日は「ホワイト・ハウスの庭が開放され、子どもたちがエッグ・ハンティングをする様子」というのが恒例のニュース。想像はつくけれど、一体どんなものなのだろう、とずっと思っていた。

本来はカラフルにペイントした鶏卵を使うのだけど、現代では、卵形のチョコレートや、プラスチック製の卵形容器にチョコやジェリー・ビーンズを詰めたものを使う。

これはあらかじめセットになっているプラスチックの卵。開けると、おもちゃや粘土が入っている。それに、追加でチョコレートを入れたり、外側にステッカーを貼ったりして、より一層楽しくアレンジ。顔みたいになるようにシールを貼ってみた(笑)。
blog041107b.jpg


そして、大人がその卵を、分かりやすいように隠しておく。寒い日は家の中でやることもあるそう。
blog041107a.jpg


そして、「よーいスタート!」で子どもたちがバスケットを持って、卵を探しに行く。子どもたちは、何個見つけたか競ったり、見つけた卵を開けて中のお菓子やおもちゃを楽しむ…という感じ。

ふーん、おもしろいなあ!
Uさん宅では、過去2年のサンクスギビング(感謝祭)を始め、ふだんのニューヨーク生活では味わえないアメリカの家庭らしい行事を楽しませていただき、ホントに感謝・感謝!


■イースターに関する過去の記事
春を感じさせてくれるもの
イースター(復活祭)と進化論
アメリカの祝日
イースター(復活祭)
Fat Tuesday

■知人Uさん宅でのサンクスギビング
11家族39人(!)ホームパーティ
くつろぎすぎ?サンクスギビング

お花見 in ワシントンDC

アメリカの首都、ワシントンDCは桜が有名。特にポトマック河畔の桜並木が有名で、桜のシーズンは世界各国から観光客が訪れる。毎年この時期は桜祭りが開催され、いろいろなイベントも行われるのだとか。

この桜は、明治時代の終わりに日本から送られたもの。「一度見てみたい」と思っていたのだけど、知人Uさんのお誘いで実現した。

実は、満開になったのは、先週末(4月1日頃)、急に暖かくなったとき。その後、雨や強風、雪などで、残念ながらだいぶ花が散ってしまっていた。花見に行ったこの日も、強風でものすごく寒くて、10分と外にいられないほど(苦笑)!
blog041007a.jpg


木によっていろいろで、まだしっかり咲いているものも。
blog041007b.jpg


桜は自然のものだし、ニューヨークからワシントンDCまで車で4-5時間の距離もあるし、タイムリーに見るのはやっぱり難しい。ベストな状態で桜を楽しめるのって、本当に一瞬のこと。だからこそ、桜は美しいのだろうけど。

ワシントンDCにはこのポトマック公園の桜以外にも、街の中に桜の木がたくさんある。普通に植木屋さんとかに売っていて、自宅の庭に植える家も多いらしい。公園の桜はだいぶ散っていたけれど、そうやって街の中に咲いている桜も楽しめたし、とても満足!

ニューヨークより、少しだけ南に位置するので、少しだけ春の訪れも早いみたい。

■マンハッタンにも何本か桜の木がある
マンハッタンの桜
桜発見!

春の彩り!Macy'sフラワー・ショー

オーランド旅行の話もワシントンDCの話も、いろいろ書きたいのだけど、まずは、マンハッタンの旬の話題から…。

マンハッタンの有名老舗デパート「Macy's」で行われているフラワー・ショー。今年で33年目になるというこのショー、建物の外側のショー・ウィンドウをはじめ、1階の化粧品売り場コーナーがお花で埋め尽くされている。世界各国から集めた3万種類もの花が合計100万本以上あるというので、すごくゴージャス。

今回初めて見たのだけど、「Flora Exotica」と題して、ちょっとアフリカのジャングルっぽいエキゾチックなイメージで統一している様子。

ひまわりで作られたパイナップル。
blog040907a.jpg


シマウマ。
blog040907b.jpg


どの化粧品売り場もこんな感じ。
blog040907c.jpg


売り場間の通路にもずらーり。
blog040907d.jpg


4月15日まで開催されているので、近くに行く用事がある方はのぞいてみると、春らしい気分を感じられていいかも。

「Macy's」は他にも、独立記念日の花火とか、サンクスギビングのパレードとか、いろんなイベントを提供してくれていてお世話になっているのだけど、実は一度も買い物したことない…(苦笑)。

(おまけ)
「Macy's」の上の方の階に行くと、とてもレトロな木製のエスカレーターがあって、老舗デパートなんだなぁと感じさせてくれる。もし出かけるなら、このエスカレーターもチェック。

■Macy's Flower Showウェブサイト
www1.macys.com/campaign/flowershow/east.jsp

■Macy'sが提供しているイベント
独立記念日の花火大会
サンクスギビング・デー・パレード

ワシントンDC郊外より

まだオーランド旅行の話もアップし終えていないというのに、今週末はワシントンDC郊外に住む知人宅へ。

土曜の夕方ニューヨークを出発して、月曜の朝には戻るので、実質丸一日なのだけど、お花見やイースターなど、楽しく過ごさせていただいている。

詳しくは、明日、戻ってからアップ予定。

■知人Uさん宅ではこれまでも2年連続、サンクスギビング休暇を過ごさせていただいた(お世話になっております…!)
◎2006年のサンクスギビング休暇の模様
一足先に休暇
ジョージ・タウン散策
11家族39人(!)ホームパーティ
楽しかった休暇もあっと言う間…
冬の醍醐味!久々のスケート
アメリカらしい郊外の暮らし
フリーア・ギャラリー&サックラー・ギャラリー
懲りずにチャイナ・バス

◎2005年の「サンクスギビング休暇inワシントンDC」の模様
民族大移動
くつろぎすぎ?サンクスギビング
アメリカ政治の中心地、ワシントンDCに来た!
空や宇宙への夢が詰まった国立航空宇宙博物館へ
名残惜しい最終日 in ワシントンDC
何だか腑に落ちないチャイナバス
安全・清潔・正確!ワシントンDCの地下鉄

テーマ・パーク潜入!ウォルト・ディズニー・ワールド(その1)

3月27日~29日に行ったオーランド旅行の話、まだまだ途中なのだけど、記憶が薄れないうちに少しずつ…。

先日、「いかにウォルト・ディズニー・ワールド(以下WDW)が大きいか」という話を書いたのだけど、今日は内部潜入(?)の話題。

テーマ・パークを見た感想を一言で言うなら「あまりに真剣な物作りの姿勢にビックリ!」という感じ。

WDWには「マジック・キングダム」「エプコット」「MGMスタジオ」「アニマル・キングダム」の4大パークがあって、その一つ一つが巨大なので、1日1パーク行くのが精一杯。料金も「1パーク入場約$70」と決まっていて、別のパークに自由に出入りするには追加料金が必要。

…という訳でまず到着初日は「エプコット(Epcot=Experimental Prototype Community of Tomorrow、未来社会の実験的なモデル)」へ。

ここは、宇宙、大地、海洋などをテーマに人類の過去と未来を映し出す「フューチャー・ワールド」と、世界各国のパビリオンが立ち並び食事やショッピング、エンタテインメントが楽しめる「ワールド・ショーケース」の2つのエリアに分かれている。

「フューチャー・ワールド」は、過去にイメージした未来に現在が追いついてしまったような感じがあってちょっと物足りない感じ。ちょっと社会や理科の体験授業のような、教育的な要素もあり、大人も子どもも楽しめるように作ってある。

丸い球のようなものがエプコットのシンボル。中はアトラクションになっていて、人類の過去から未来までの様子を見ることができる。
blog040707a.jpg



湖の周りにメキシコやモロッコ、フランスや日本など、世界のいろんな国のエリアがぐるっと立ち並んでいる「ワールド・ショーケース」。日本エリアに出かけて「細部まで、かなりよくできている」と感じたので、たぶん他の国のエリアもよくできているんだと思う。

下記が日本パビリオンの五重塔。下では和太鼓のパフォーマンスもやっていた。三越が入っていて、レストランやお土産屋を経営している。レストランは食べなかったので分からないけど、お土産やの品揃えはかなりちゃんとしていて、日本人でも楽しめた。
blog040707b.jpg


鳥居もなかなか本格的。湖の向こうに見えるフューチャー・ワールドとの対比がちょっと不思議。
blog040707c.jpg



午後から出かけたので、若干急ぎ足だったのだけど、ホントにこれをじっくり見ようと思ったら、1日でも難しいな。

しかし、大人になってからテーマ・パークに行くと、純粋にテーマ・パークそのものを楽しむというより、「どうやって作っているか」ばかりに目がいってしまって夢がないなぁ(苦笑)!

※ディズニーの話題、引っ張っている訳ではないのですが、ついつい話が長くなり…。もう少し続けます!

■これまでのオーランド旅行の記事
オーランドにやってきた!
オーランドにやってきた!(その2)
ただいま、マンハッタン!
オーランドという都市
で、でかい!ウォルト・ディズニー・ワールド

ちょっとショックなできごと

アメリカで、テレビ番組を楽しむには、ふつうはケーブルテレビに加入する必要があるのだけど、ケーブルに入らなくても見られる番組がいくつかある。ケーブルテレビは100ドル以上するし、無料で見られる番組で結構満足しているので、ケーブルには加入していない。

その無料で見られる番組に、フジテレビがやっている毎日2時間(朝1時間、夜1時間)の日本語放送があったのだけど、今週から月~木曜日の夜1時間枠が終了になってしまった。夜の番組は金~日曜のみ。

ちょっとしたニュースをやったり、ドラマやバラエティ、ドキュメンタリーなどを放送してくれていて、毎日楽しみにしていたので、ちょっとショック…。

まぁ、ニュースはインターネットでも読めるし、日本語のフリーペーパーもたくさんあるし、最近は映像はYou Tubeで見ることができる。でも、かえってそういう便利な状況状況が、無料テレビ番組の運営を厳しくしてしまったのかも。無料でテレビ番組放映を維持できるほどの視聴者と広告スポンサーがいなくなってしまったのかもしれない。

まぁ、その1時間がなければないで、他のことをする時間もできるし、映画を借りてみてもいいのだけど。「自分の意志で選んでいない番組」を見るのも、いい息抜きだったので(苦笑)、ちょっと残念。


■日本のテレビ番組に関する話題
「大奥」づくし
これが歌えればホントのニューヨーカー!?超ローカルなCMソング
今ごろ…古畑任三郎ファイナル・イチロー編
今ごろ…紅白歌合戦!
おじゃる丸、そして我が家のライブドアショック(!?)

雪の花

日本はお花見シーズン真っ盛りのようで、友人・知人のブログはお花見の話題がいっぱい。

ニューヨークは、4月に入りだいぶ春らしくなってきたものの、まだ寒い日も多く、マフラーが手放せない日も多い。陽ざしはかなり春らしいので、うっかり薄着で出かけて、失敗した~と思うこともしばしば。

今日は特に冷え込んで、夕方には何と雪! 積もる程ではなかったけれど、強い風に吹かれて雪が舞う様子がまるで桜吹雪のようだった。現在の気温は0度近く、深夜には氷点下を下回るという予報。

ニューヨークで花いっぱいの春を迎えるのは、もう少し先になりそう。

R2-D2型ポストに遭遇!

アメリカ政府が映画「スター・ウォーズ」公開30周年を国を挙げて祝っている。

米国郵政公社(USPS:United States Postal Service)が始めたのが、R2-D2型ポスト。このポスト、前々から気になっていたのだけど、今日初めて遭遇。これは5th Avenueと52nd Streetの角にいたもの。
blog040407a.jpg


確かに、元々のポスト形がR2-D2にそっくり。うーん、よく考えたなあ。
(しかし、すごい落書きだらけ…)
blog040407b.jpg


マニアに盗難されないよう、人通りの多い目立つところに、順次配備されていくのだとか。お堅い(?)公的機関がこんなことをしちゃうのが、茶目っ気たっぷりでアメリカらしいなぁ。これ以外にも記念切手も発売されたし、今後、警察官や閣僚までがコスプレするらしいので、すごく楽しみ。


■USPS公式サイト
すっかりスター・ウォーズ一色
www.usps.com

■USPS特設サイト
「君もジェダイ・シッピング・マスターになろう!」みたいな企画までやってる(笑)。
http://www.uspsjedimaster.com/

■映画「スター・ウォーズ」公式サイトにはペーパークラフトも!
http://www.starwars.com/kids/

新「Whole Foods Market」開店!(回転寿司あり)

ずーっと工事中だった「Whole Foods Market」が3月29日開店した!
場所は、East Houston StreetとBowery Streetの角。厳密にはロウワー・イースト・サイドなんだけど、SOHO、イースト・ビレッジ、ノリータいずれからもアクセスがいい。我が家の最寄りになるので、とても嬉しい。

楽しみにしていたので、早速偵察に行ってみた。

マンハッタンには、チェルシー、コロンバス・サークル、ユニオン・スクエアの3軒あるけれど、そのどこよりも広くて、品数も充実していてパワー・アップ!

店内は2フロアあって、1階は食料品。天井も高くて広々していて、とても買い物しやすい。チーズ、チョコレート、お茶やパンなど、専門コーナーが充実していて、見ているだけでもワクワクする。「From NY」というコーナーもあり、ニューヨークで生まれた食品類も並ぶ。

2階から見た1階部分。
blog040307a.jpg



すごいのは2階。
衣料品やサプリメント、ボディ・ケア用品など食料品以外のものがあるエリアと、ダイニング・エリア、大きく2つに分かれている。

特にダイニング・エリアは、店内で買ったものを食べられるだけでなく、ちょっとしたレストラン並の店が並ぶ。

ビックリしたのは回転寿司があること!! その名も「SUSHIYA」(笑)。皿の色別に料金が決められているんだけど、一番安いのでも$2.75、高いものだと$5.00。日本だと100円とか150円でも食べられるのに…と思うと、ちょっと食べる気がしない(苦笑)。
blog040307b.jpg


さらにビックリしたのは、「Culinary Center(料理センター)」。季節や年中行事に合わせたさまざまなクッキング・クラスをやっていて、ヘルシーな料理の作り方を教えるらしい。アメリカ人は料理しないで、外食やできあいのものを買う人が多いので、こういう取り組みがアメリカ人の食生活や健康を改善するのでは…と期待が高まる!

ちょっとした試食コーナーも。
blog040307c.jpg


アメリカではオーガニック市場が日に日に大きくなり「Whole Foods Marketがウォルマート化している」と言われているようだけど、食料品だけでなく、ゴミのリサイクルなど、環境問題にも取り組んでいるし、アメリカ人の意識改革に一役買うんじゃないかなあ。

「Whole Foods Market」ファンの方、ぜひ足を運ぶ価値あり! 私も、もっとじっくり時間をかけて商品を見てみたい~!


■Whole Foods Market
www.wholefoodsmarket.com
95 East Houston Street
Between Bowery and Christie Streets
New York, NY 10002

■ユニオン・スクエア店開店の時の話題
幸せ気分のスーパー「Whole Foods Market」

■レジ袋の再利用にも取り組んでいる
レジ袋
※ゴミの分別もがんばっているので、その話はまた今度紹介。

台湾人がすすめる台湾料理「食坊 XO Kitchen」

最近、オーランド旅行の話ばかり書いているので、ちょっと気分転換に(!?)ニューヨークの話題(…と言っても、チャイナ・タウンの話題なのだけど)。
blog040207a.jpg


この「食坊 XO Kitchen」は台湾人が大好きという台湾料理店。
ニューヨークは他民族が集まる地域なので、いろんな国の料理が楽しめるのが魅力なのだけど、その善し悪しを見極めるのに「その国出身の客がいるかどうか?」がポイントになる。例えば、日本人だったら、その日本食が本物かエセか一目で見分けがつく…という具合。その点、この店は台湾人がおすすめする台湾料理で、店の中も、台湾人だらけなので、間違いない!

食べたのはアヒルの足が入った中華そば。
何か野菜の入った麺類がいいなーと思って、「野菜」って書いてあったのがこれくらいしかなかったので、これを選んだのだけど、麺の上にどっさりのってきたアヒルの足に、一瞬ギョッとした!

写真にはちゃんと写ってないけど、ちゃんと「水かき」までついていて、れっきとした足の部分。
blog040207b.jpg


私がトイレに立っている時に、一緒に行ったKくんに注文をお願いしたのだけど、店の人が、ちゃんとアヒルの足を見せに来てくれて「これだけど、大丈夫?」って言ってくれたらしい。

まぁ、頼んじゃったし、手羽先と似たようなものだし…と食べてみたのだけど、なかなか美味しい。コラーゲンがたっぷり入っていそう。ただ、複雑な形をしているので食べにくいのが難点。

台湾人に人気の台湾料理なだけあって、味もちゃんと作っている感じで、しかも値段も安くて(この麺は約5ドル)good!

台湾料理と中華料理って何が違うのか厳密には分からない…(苦笑)。台湾の方が若干サッパリしているような気がする。元は同じ国だから、中国人が作っているのが中華料理、台湾人が作っているのが台湾料理、かな(笑)。


■Xo Kitchen
148 Hester Street
(Btween Elizabeth & Bowery)
New York 10013

で、でかい!ウォルト・ディズニー・ワールド

3/27~29に出かけた2泊3日のオーランド旅行、ディズニー抜きには語れない…ということで、本来あまりテーマパークは好きではないのに、ウォルト・ディズニー・ワールド(以下WDW)へ出かけてみた。

結論からすると、やっぱり世界有数のエンタテインメント企業の本拠地、一度は見てみる価値があると思った。

その規模と本気度具合に驚いてしまった。

まず規模について。
WDW全体で東京山手線内の1.5倍!ホテルからタクシーに乗ってWDWへ向かっているときに、ふと気づくと紫色の標識。まるで高速道路のように見えるけど、もうすでにディズニーの敷地の中!
blog040107a.jpg


その敷地の中に、4大パーク(アニマル・キングダム、マジック・キングダム、MGMスタジオ、エプコット)や、ダウンタウン、スポーツや音楽施設…などが点在している。もちろん、それだけ離れていると、大きな建物の一部が見え隠れするだけで、ちっとも見えてこない。

4大パーク間やダウンタウンの間には、ディズニー・トランスポーテーションと呼ばれるバスが縦横無尽に走っていて、DWD関連を楽しむだけなら、車なしでも十分。…というか、DWDだけでもじっくり見るなら1週間近くかかってしまいそう。車社会とは言え、その駐車場だけでも、東京ディズニー・ランドよりもでかいというから驚き。

やっぱり、「ワールド(王国)」と名付けるだけのことはある。しかも、「ウォルト・ディズニー」って人名。日本語にすると、例えば「山田太郎王国」みたいな感じ!? 自分の名前の王国を作っちゃうって、ちょっとすごいことだ。


※引っ張っているみたいなんですが…(苦笑)、ディズニーの話題、もうちょっと続けます!

■これまでのオーランド旅行の記事
オーランドにやってきた!
オーランドにやってきた!(その2)
ただいま、マンハッタン!
オーランドという都市

オーランドという都市

3/27~29に出かけた2泊3日のオーランド旅行の話題。
旅行中もパソコン持参でちょこちょこ書いていたのだけど、少しずつレポート予定。

※旅行中アップした記事(一部写真を追加!)
オーランドにやってきた!
オーランドにやってきた!(その2)
ただいま、マンハッタン!

まずは概論(?)ということでオーランドについて。

オーランドを語る上で外せないのはウォルト・ディズニー・ワールド(以下WDW)。

かつては単なる沼地だったこの土地に、ディズニーが沼を埋め、木々を植え、WDWという巨大な夢の王国を造りあげたのが1971年。以来、ユニバーサル・オーランド・リゾート、シー・ワールドなど、いくつものテーマパーク・遊園地の建設が続き、ゴルフ場の数も100は下らないとか。ちょっと郊外に行くと、いくつものショッピング・センターやアウトレット・モールが軒を連ねる。全米屈指のリゾート地・オーランドは、WDWの存在なしには語れない。

私は、人工的に作ったテーマ・パークがあまり好きではない。東京ディズニー・ランドへ行ったのは、大学生の頃。それはしかも、アジア諸国から日本にやってきた人を案内して連れて行った…という理由(笑)。

フロリダ州は、フロリダ半島の全域を占め、緯度はだいたい沖縄と同じくらいなので、とても温暖で過ごしやすい。有名なところではマイアミ、キーズ&キーウェスト、デイトナ・ビーチなど自然いっぱいのリゾート地が存在する。

それなのに、今回、なぜテーマパーク天国のオーランドに訪ねることになったかというと、単に「ニューヨーク以外のところに旅行したい、しかも、南の方」というのが、もともとの動機(笑)。そんな曖昧な理由で、旅行会社の激安ツアー・チケットを購入したのが、オーランドだったという訳。

2泊3日の短い旅行だし「ちょっと気分転換」程度の旅なので、かなり適当なプランニングで出かけた。しかし、さすがWDW中心に発展してきたオーランド、WDWは避けられない…ということで、やっぱりWDWには行くことになる(苦笑)。

…と言うことで、WDWの話題、いろいろ続きます!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。