New York ものがたり

3年ぶりに東京に戻っています!逆カルチャー・ショックや浦島太郎ぶり、ニューヨークとの比較などをアップしていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スター・シェフ、ジャン・ジョルジュのレストラン

ニューヨークの超有名シェフの一人、ジャン・ジョルジュ(Jean Georges)のレストラン、その名も「ジャン・ジョルジュ(Jean Georges)」へ。

ジャン・ジョルジュ氏はシェフとして才能があるだけでなく、ビジネスにも長けた人で、数々のコンセプトの違うレストランを展開しているのだけど、このレストラン「ジャン・ジョルジュ(Jean Georges)」が本家本元で、本人もここで腕を振るっている。

場所も、セントラルパークの西南の角、コロンバス・サークル近くのトランプタワーの1F。とてもゴージャス!
blog050107a.jpg

blog050107b.jpg


この日は、テイスティング・コースと言って、そのレストランの自慢料理ばかり7-8品集めたようなコース料理をいただいた。
(レストランが暗すぎるのか、カメラの性能が落ちてきているのか、たぶんその両方で、食べ物がうまく写っていないため、写真は割愛…残念)

全体にとても美味しいし、盛りつけも器も美しいのだけど、初めて行く「ジャン・ジョルジュ」本家に期待しすぎたのか、思ったほど「すごい!」という感じでもなかったような…。

彼の最近のブームなのか、タイや韓国料理を思わせるスパイシーな調味料を使った、かなりアレンジしたフレンチ。せっかくのジャン・ジョルジュなので、正統派のフレンチが出てくるかと思っていたので、それも期待と違ったかも。

本当に美味しいのに、やっぱり「ジャン・ジョルジュ」という名前で、みんなの期待度は高いし、評価も厳しくなってしまうのもあると思う。

「やっぱりジャン・ジョルジュはビジネスの才能に長けているなあ」と思ったのは、人数の多いグループと少ないグループをホストする場所が違うこと。人数が多いと必然的にうるさくなってしまい、全体の雰囲気を損なうことがあるので、キッチリ場所を分けている。

ニューヨークでは、レストランは味だけでなく、サービスや店の雰囲気、盛りつけの美しさやプレゼンテーションなど、総合的に評価されるため、単に味が美味しいだけでは、ミシュランの三つ星を獲ることはできないんだなぁ…と実感。

■ジャン・ジョルジュ公式サイト
www.jean-georges.com


■過去に行ったジャン・ジョルジュ系列の店
泣く子も黙るジャン・ジョルジュのレストラン「Vong」

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://newyorkstory.blog15.fc2.com/tb.php/1358-35a94e2b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。