New York ものがたり

3年ぶりに東京に戻っています!逆カルチャー・ショックや浦島太郎ぶり、ニューヨークとの比較などをアップしていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エキゾチックなインテリアが魅力の「ブッダ・バー(Buddha Bar)」

ミート・パッキング・エリアにあるお洒落なアジアン・フュージョン・レストラン「ブッダ・バー(Buddha Bar)」へ。

もともとはパリで無国籍料理をいち早く広めたことで知られるレストランということだけど、ロサンゼルスに続き、ニューヨークにもオープンしたのがちょうど1年前。

その名の通り、ブッダ(仏像)を大胆にあしらったインテリアが評判の店。

カメラの電池を入れ忘れてしまったので、インテリアを紹介できないのが残念…。入り口はトンネル風の暗い通路があり、その脇に仏像(立ち姿)がずらり。奥へ進むと、ガラス張りの高い天井がある広いスペースがあり、そこには座り姿の仏像がドカン。そのまた奥には、高級感のあるラウンジが広がっている…という具合。

仏像って宗教のものなのに、こんな風にインテリアに使ってバチが当たらないかな…と思うんだけど、実はニューヨークには、仏像をインテリアに使ったレストランがいろいろある(下記参照)。

お料理は、日本を含むアジア各国のテイストを織り交ぜた料理が評判の店。お寿司もあるし、春巻っぽいものもあるし…と、味もいいし、盛りつけもきれい。アジアンは、欧米の他の料理と比べてヘルシーなのがいい。

以下はカメラの電池を忘れた私の代わりに、知人が携帯で撮影してくれたもので、前菜3品。ちょっとピンぼけだけど、かえって雰囲気があっていい!
blog050207a.jpg


一緒に行ったのは出張でニューヨークを訪れた元同僚のKさん・Tさん。

私は、日本から来た方と夕食を食べるのにミート・パッキング・エリアを選ぶことが多い。この辺りは、短い観光や出張ではなかなか訪れない場所だし、その名の通り精肉工場があった地域でさびれた雰囲気がクール。

ニューヨークには数年前からメガ・レストランと呼ばれる、お金をたっぷりかけた規模が大きくてお洒落なレストランが増えているのだけど、このエリアにはそういうレストランが集中している。ふだん自分ではなかなか行かないけど、日本から来た方と一緒に行くのにはぴったりなレストランがいっぱいある。


■Buddha Bar
25 Little West 12th Street
New York, NY 10014
www.buddhabarnyc.com

■仏像をインテリアに取り入れているレストラン
ゴージャス・ジャパニーズ「MEGU」
→職人が毎日彫るという氷でできたアイス・ブッダが有名
でかい仏像が印象的!アジアン・フュージョン「TAO(道)」
→これもメガ・レストランのひとつ。ブッダの下には池があり、鯉が泳いでいる。

※他に行きたいところで「ブッタカン」というレストランがあるのだけど、ここはさらに有名でいつも予約が取れない…。

■ミート・パッキング・エリア周辺のお洒落レストラン
オリーブオイル尽くし!「FIG & OLIVE」
ド派手な内装にびっくり!メキシカン「Tortilla Flats」
隠れ家レストラン「5 Ninth」
鉄人シェフ森本の店「Morimoto」
ミートパッキング・ディストリクトのクールなタイ料理「Highline」
ジャパニーズレストラン「Ono」

コメント

いつも楽しみに読んでます♪

1ヶ月ほど前にどこかのサイトから飛び回っていて、たどり着きました。それ以来、いつかNew Yorkにまた行きたいなぁと思いながら、楽しく読ませていただいています。これからも、おいしそうな料理やワンちゃんの話、読ませて下さいね。

  • 2007/05/03(木) 06:20:50 |
  • URL |
  • Philly☆ #VEJkdggc
  • [ 編集]

Philly☆さん
そういうコメントをいただくと、とても励みになります。美味しいもの大好きなのと、やっぱりニューヨークは世界各国のグルメが集まる地域なので、食べ物の話が多いのですが(苦笑)、また読んでくださいね~。

  • 2007/05/03(木) 09:16:33 |
  • URL |
  • アヤーキー #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://newyorkstory.blog15.fc2.com/tb.php/1359-e0c76685
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。