New York ものがたり

3年ぶりに東京に戻っています!逆カルチャー・ショックや浦島太郎ぶり、ニューヨークとの比較などをアップしていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシア人街ブライトン・ビーチ探訪(その2:ロシア料理編)

ブライトン・ビーチに着いてまず出かけたのは「Primorski」というロシアン・レストラン。正確に言うと、ユダヤ系グルジア料理(グルジアというのは、旧ソ連の構成国のひとつ)。

グルジア料理…と言われても、ロシア料理との明確な違いはよく分からないのだけど、ウェブサイト(下記)によると、チーズ入りのパテ「Khachapuri」、グルジア風餃子「Khinkali」、クルミとレッド・ビーンのフライ「Lobio」、「Labash」と呼ばれるグルジア・パンなどが代表的なのだそう。

決してお洒落とは言えない外観が、かえって地元の人に愛されている本格的な雰囲気を漂わせている。
blog061407h.jpg


店に足を踏み入れると、ロシアらしい、重厚感あるインテリア。すごい大人数のグループが、モリモリとご馳走を食べていてビックリ。
blog061407i.jpg


ここは、$5.49のランチ・スペシャルが有名。
サラダにスープ、メイン、穀物、食後のお茶またはコーヒーがついてこの値段というのが驚き!

これはグルジア・パンとサラダ。パンは外側カリッと、内側もっちりな感じで、素朴な味。
blog061407a.jpg


スープも3種類くらいから選べる。左がボルシチ、右がラムの入ったもの。
blog061407b.jpg


メインは15種類くらいあったかな?穀物も、そばやパスタ、マッシュポテトから選べる。5人で行ったので、みんな違うものを頼んで、いろいろ味見。

あっさりした味付けのチキン。
blog061407c.jpg


ビーフをトマトベースのスープで煮込んだもの。
blog061407d.jpg


ラム肉をトマトベースのスープで煮込んだもの。
blog061407e.jpg


レバーを使ったストロガノフ。今回頼んだ中では一番おもしろかった。
blog061407f.jpg


これが、私が頼んだ、ロール・キャベツ風のもの。ギュッと実が詰まっているような感じで、肉だけでなく野菜や米も包んであるのがおもしろい。穀物はそばを頼んだのだけど、そばの香りがして噛みしめると甘みが出てきて、美味しい。
blog061407g.jpg



※その3に続きます!

■Primoski Restaurant
www.primorski.net/main
282 Brighton Beach Avenue
Brooklyn, NY 11235
TEL:718-891-3111

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://newyorkstory.blog15.fc2.com/tb.php/1402-cb077084
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。