New York ものがたり

3年ぶりに東京に戻っています!逆カルチャー・ショックや浦島太郎ぶり、ニューヨークとの比較などをアップしていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシア人街ブライトン・ビーチ探訪(その3:買い物編)

お腹いっぱい食べた後は、「International Market」というグローサリーでお買い物。ロシア食材が中心なのだけど、インターナショナルというだけあって、実にいろんな食材が並んでいて、じっくり見て歩くだけで、すごく楽しい。

店内は2階、中央部分が吹き抜けになっている。これは2階から1階を眺めた写真。いろんな食材がギッシリ並んでいる。
blog061507a.jpg


ウクライナ産ビール。
blog061507b.jpg


サバの薫製。キャビアやイクラも売っていて、他よりすごく安いのだそう。
blog061507c.jpg


こってり甘そうなロシア風スイーツ。なるほど、これがロシア系のみなさんがふっくらどっしりしている理由か…。友人によると、カソリック教は離婚できないので、男女ともに結婚すると安心しちゃって、どんどん太っちゃうとか?
blog061507d.jpg


寿司はどこにでもある!あんまり美味しそうじゃないけど(苦笑)。
blog061507e.jpg


キューピー・マヨネーズもまるでロシア食材ですと言わんばかり、堂々と紛れ込んでいる。
blog061507f.jpg


2階がカフェテリアのようになっているので、名物ブリンツを食べてみる。爽やかなクリームが巻いてあるクレープのようなもの。クレープは滑らかではなく、なぜかざらっとしているのが不思議。
blog061507g.jpg



※その4に続く…かも。引っ張っている訳ではないのですが、あまりにユニークでディープな街なので、つい長くなっています。


■これまでの模様
ロシア人街ブライトン・ビーチ探訪(その1:街並み編)
ロシア人街ブライトン・ビーチ探訪(その2:ロシア料理編)

コメント

余計なお世話ですが・・・

ロシアは(広いので地域によるのかもしれませんが)基本的にはカトリックでなく「ロシア正教」のはず。カトリックも、「正教」のortodosso(注:イタリア語)も、元々どちらも「正統な」というような意味なのでややこしいのですが。プロテスタントではないという意味で共通ですが、教義がいろいろ違うため彼らの中でははっきり区別されています。(簡単にいうと、ローマ法王の管轄下にない、ということ)
話変わりますが、お勤め時代、時々お昼を食べにいったロシア料理屋のピロシキとボルシチ、なつかしいですね・・・。そんなもの、もう何年も食べていません。

  • 2007/06/16(土) 01:59:43 |
  • URL |
  • Fumiem #-
  • [ 編集]

Fumiemさん
コメントのお返事遅くなってしまって申し訳ありません。
詳しい説明を頂きありがとうございます!ホント、あのころはお昼にずいぶん贅沢をしましたよね(苦笑)

  • 2007/06/30(土) 15:45:19 |
  • URL |
  • アヤーキー #-
  • [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://newyorkstory.blog15.fc2.com/tb.php/1403-8c49004b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。