New York ものがたり

3年ぶりに東京に戻っています!逆カルチャー・ショックや浦島太郎ぶり、ニューヨークとの比較などをアップしていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明け方まで営業!「利口福 粥麺焼豚専科」

最近引っ張り気味の(?)ロシア人街の話題をちょっと一休み、マンハッタンの話題。…と言ってもチャイナタウンの話題で(笑)、最近出かけた安くて美味しい店について。

「利口福 粥麺焼豚専科」という名前のこの店、名前の通り、粥や麺、焼豚の専門店らしいのだけど、特にお粥が美味しいと評判。それなのに、なぜか英語名が「Great N.Y.Noodletown」なのが、ちょっと笑えるのだけど…。

外見も中身も全然お洒落じゃなくて、「ザ・食堂!」という雰囲気。お客は中国人も多いんだけど、非アジア人が意外に多いのでビックリ。ザガットでもかなり高得点という噂。それを聞きつけて、いろんな客が来るみたい。
(日本で有名な某レストランのシェフも来ていた!)
blog061607a.jpg

blog061607b.jpg


一緒に行った方が「もう30回以上来ているかも」という程、バリエーションがたくさんあって、何を頼んでも外れがないのだとか。お粥の写真は撮り忘れてしまったけど、やっぱり評判がいいだけあって、美味!
blog061607c.jpg

blog061607d.jpg

blog061607e.jpg

blog061607f.jpg


ありがたいのは深夜…というか、明け方近くまで営業していること。遅くなって何か食べたいときには、コリアンタウンで韓国料理か、ピザ屋…って感じになりがち。チャイナタウンも早く閉まる店が多いので、この店の存在は貴重!


■利口福 粥麺焼豚専科
28 Bowery
(at Bayard St.)
New York, NY 10013
Tel: 212-349-0923

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://newyorkstory.blog15.fc2.com/tb.php/1404-8ad2997b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。