New York ものがたり

3年ぶりに東京に戻っています!逆カルチャー・ショックや浦島太郎ぶり、ニューヨークとの比較などをアップしていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜いっぱい!ビーガン・レストラン「Caravan of Dreams」

「ベジタリアン」というと、日本では「菜食主義者」みたいなニュアンスがあって、動物に由来するものは一切食べないという印象だけど、アメリカではせいぜい「野菜中心に食べる人」くらいのニュアンス。

いろんなタイプのベジタリアンがいて、魚介類OK、乳製品OK、卵OK…という具合。動物に由来するものを一切食べない厳格なベジタリアンを区別して「ビーガン」と呼ぶ。

この「Caravan of Dreams」は完璧なビーガン・レストラン。
blog061907a.jpg


野菜のほとんどがオーガニック、しかも「コーシャー/Kosher」と言ってユダヤ教の律法に則って浄化した食べ物を出している。さらに、「ロー・フード(Raw Food)」といって、食べ物のビタミンや酵素を壊さないよう46度以下で調理したメニューも豊富。まさに、ヘルス・コンシャスな人のためのレストラン。

頼んだのはRaw Food(ここではLive Foodと呼んでいる)のサンドイッチ。
blog061907b.jpg


こんもりと山盛りの野菜に見えるけど、内側にパン代わりのクラッカーのようなものが挟まっているので、一応サンドイッチ。Raw Foodなので、パンやクラッカーなどオーブンで焼くものはNG。このクラッカーはナッツやフラックス・シードを使って作り、乾燥させたものらしい。


味は…。正直なところイマイチだった(苦笑)。
素材そのままの味を楽しむという感じ。でも、絶対に健康にいいし、何だか体の悪いものが浄化されていく気分がして、気持ちがいい。Raw Foodにこだわらなければ、もっと美味しいものもありそう。

いつも食べるには、ちょっとツライけど、時々こうやって体にいいものをたっぷり採るにはいいと思う!

■Caravan of Dreams
www.caravanofdreams.net
405 E 6th Street
(at 1st Ave.)
New York, NY 10009

■ベジタリアン・レストランいろいろ
2パターンの雰囲気を楽しめる「Zen Palate(禅味)」
優しい味のベジタリアン「Zen Palate(禅味)」
ベジタリアンレストラン「Angelica Kitchen」
ベジタリアンレストラン「Red Bamboo」
GOBO - food for the five senses

■ローフード・レストランいろいろ
ローフード・レストラン「Quintessence」
ローフード!「Pure Food and Wine」

ニューヨーカーはベジタリアンが多いので、たいていの店でベジタリアン用のメニューを用意しているところが多い。寿司屋や焼鳥屋ですら、ベジタリアン対応をしている程!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://newyorkstory.blog15.fc2.com/tb.php/1407-c41d9382
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。