New York ものがたり

3年ぶりに東京に戻っています!逆カルチャー・ショックや浦島太郎ぶり、ニューヨークとの比較などをアップしていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新コース+たらい回し

今日から週一回で、大学院とは全く毛色の違うコースを取ることにした。
私の大学には、一般社会人向けのコースを開講しているスクールがあり、かなり力を入れて、かなり幅広いジャンルを取りそろえている。

今日が第一回目だったんだけど、先生も経験豊富な感じでとてもいいし、クラスメイトもいろんなバックグラウンドを持った人が集まっていてとても楽しい。


さて、登録と支払いの手続きで、案の定(?)トラブルが発生した。
トラブルとは無関係の費用を請求された、というもの。2種類あって、まずは健康保険の二重請求で$639、2つ目は訳のわからない「Mandatory University Fee」で$125というもの。

「健康保険」については、コースを取った人には誰にでも自動的にチャージするようになっているらしく(かなり勝手だと思うんだけど)、学校の出納係に問い合わせて、健康保険のオフィスに回されて、そこで話して解決。

「Mandatory University Fee」については、別の学部のクラスを登録したことで、再度、学校への新規登録手続きが勝手にされちゃったらしい。もう大学院に通っているのでそんな登録は不要のはずなのに。でも、これがわかってキャンセルしてもらうまでに、大学の出納係→別の部署の出納係→なぜか学部長のオフィス→大学の出納係(別の担当)→英語学校の留学生担当…とぐるぐるたらい回しになった。英語学校の担当者は用件をメールしてくれというのでメールして、数日後やっと対応してくれた…という感じ。

結局、何とか解決したんだけど、すごい無駄な労力。
こういうの、ちゃんと気をつけていないと、黙ってチャージされちゃって気づかない人っているんだろうなぁ。ホント気が抜けないなぁ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://newyorkstory.blog15.fc2.com/tb.php/542-2ded0194
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。