New York ものがたり

3年ぶりに東京に戻っています!逆カルチャー・ショックや浦島太郎ぶり、ニューヨークとの比較などをアップしていくつもりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨・湿気、そして大型台風

両親が隠居中の鹿児島に来る際、ある程度は予測していたものの、湿気のすごさにビックリ!

ニューヨークから東京に帰ってきた時も、まず湿気にビックリしたけど、それとは比べものにならないくらい、ムワッとしている。九州は、うまく行けば、梅雨が明けるんじゃないかと期待していたんだけど、全くその気配なし。

衣類や新聞・雑誌などの紙類も何となくしっとりしているし、洗濯物は乾かないし…といった具合。

さらに追い打ちをかけるように、大型の台風まで接近中。
沖縄では最大瞬間風速56.3メートルという記録的な数値が出た…という程の強い台風らしい。

明日の昼過ぎには、両親の家のある薩摩半島に接近してくるとか。一日の雨量が800ミリになる予報で、その後、日本列島を縦断した関東地方まで進んでいくらしい。

スーパーに買い物に行くと、「台風への準備は大丈夫?」といったポスターが貼られ、ちょっとまとめ買いをしたり、ろうそくや懐中電灯といった備えをするよう促している。

久々に日本で台風を経験するので、ちょっと懐かしいけれど、懐かしい…なんて悠長な気分でいる場合ではない! 我が家でも、水やろうそくの準備をして、カレーも作って、台風に備えている。明日は一日家の中でじっとしていることになりそう。


※アメリカ東部標準時の日時でアップしています。設定を変えると、過去の記事も全て日本時間に戻ってしまうようなので…。ブラス14時間が、現在の日本の日時です。

実はパソコンも絶不調

先日のブログで、ネット環境が悪い…と書いたのだけど、実は、帰国以来、パソコン環境も最悪な状態。

去年夏、パソコンのモニターが壊れてしまい、その後、外部モニターと外部キーボードを取り付けて、何とか使っていた。

今回、さすがに外部モニターと外部キーボードをトランクに詰めて持ち帰るわけにもいかず、日本に帰国してすぐにパソコンを買うつもりで帰ってきた。

今度はMacにしようと新しくMacを購入したものの、ソフトウェアが適合しない…などの理由で、まだセットアップが完了していないまま、鹿児島に来てしまった。レンタルしているエアエッジは、Mac対応していないので、セットアップ作業も全く進んでいない…という状態。

画面が半分しか使えない状況で、作業するのって本当にストレス。。。
いちいちウィンドウを小さくしたり、右や左に動かしたり。真ん中に表示されて、動かせないウィンドウなどは、勘でクリックするしかなくて苦労したり(苦笑)。

こういう状況なので、写真も扱うことができないので、最近のブログには写真が全くアップできていないし。

20日に東京に戻る予定なのだけど、それまで、ストレスの溜まる日々を過ごすことになりそう。


※アメリカ東部標準時の日時でアップしています。設定を変えると、過去の記事も全て日本時間に戻ってしまうようなので…。ブラス14時間が、現在の日本の日時です。

鹿児島に来ています

温泉旅館の話題もまだちゃんと書いていないというのに、今、両親が隠居・田舎生活を送っている鹿児島へやってきたところ。

母親の出身地で親戚も大勢いるのだけど、私は全く住んだことがないので、ほとんど観光気分。鹿児島に行くときは、メインは親を訪ねることが目的だけど、これまでも鹿児島を拠点に、桜島や揖宿、屋久島、少し離れて大分県の湯布院や大分県の黒川温泉、沖縄…など、いろいろなところへ足を伸ばしてきた。

今回はどこに行こうか思案中。

* * * * *

実は、ネット環境がかなり悪い。
両親はアナログで家にインターネットがないため、エアエッジをレンタルしてきたのだけどかなり遅い!つなぎ放題プランに2種類あって、つなぎ放題なので遅くてもいいかと思い、遅い方のプランにしてしまったのだけど、かなり懐かしい遅さ(苦笑)。

…という訳で毎日アップできるか分からないのだけど、できるだけ。


※アメリカ東部標準時の日時でアップしています。設定を変えると、過去の記事も全て日本時間に戻ってしまうようなので…。ブラス14時間が、現在の日本の日時です。

温泉旅館!

3日間ブログを休んでいたのは、温泉旅館に行っていたため。

ニューヨークに住んでいて、何が一番恋しかったかというと「温泉」!

もちろん、家族や友人に会いたい…というのはあったけれど、最近はスカイプやSNS、ブログなどを通して、それなりにコミュニケーションは図れるようになったので、ずいぶん助けられた。

日本食は、日本食料品を売るグローサリーがあったので、家では日本食を作ることができたし、ニューヨークでは日本食ブームなので、高いけれどお金さえ出せば、日本より旨いかもしれないと思えるような寿司や刺身も味わえた。


…という訳で、一番手に入らないものが「温泉」だった。

私はお風呂好きなので、アパートを選ぶ時は「バスタブがあること」が最低条件で、何とかバスタブを確保し、湯船に浸かることはできた。でも、狭いし、当然、肩まで浸かれるような深いバスタブではない。

まぁ、肩まで浸かるのは心臓に負担をかけると言うし、半身浴の方が新陳代謝を高めるというし、バスタブが浅いのはまだよいとして、やっぱり「洗い場が別」というのが重要。「安定した格好で足の裏を洗える」みたいな、一見、些細なことだけど、やっぱり毎日のことなのでとても大切。

こういった風呂としての機能だけではなく、温泉旅館の情緒は、決してニューヨークでは手に入らない。


…続きは写真を整理して、アップします!


※アメリカ東部標準時の日時でアップしています。設定を変えると、過去の記事も全て日本時間に戻ってしまうようなので…。ブラス14時間が、現在の日本の日時です。

お客様は神様

これは、ある程度予想していた逆カルチャーショックではあるけれど、日本のサービスや接客って本当に丁寧!「お客様は神様」の精神が隅々まで浸透している感じ。

例えばこの前ドラッグストアに行ったとき、探していた商品がなかったときに「ご用意がなくて申し訳ありません」と言われたとき、妙に感動してしまった。他にも、「○○はどこにありますか?」って聞くと、小走りして探してくれるし。

アメリカでは、ろくに調べもせず「I don't know」と平然と言っちゃう店員がいっぱいいるからな~。

アメリカでは、わかりやすくて、チップをもらえる職業の人は丁寧で愛想もよく、チップをもらえない職業の人は愛想が悪い。
つまり、レストランのウェイターやホテルマン、美容師などは丁寧で、普通の店の店員は丁寧じゃないってこと。

アメリカでは「気持ちのいい接客は無料じゃない」って実感する。マクドナルドの「スマイル0円」ってまだあるのかなあ。アメリカでは「スマイル3ドル」とか平気で取られそうだ。

でも、がんばっている店もあって「Trader Joe's」や「スターバックス」では、店員はにこやか。レジに行くと「今日は元気?」とか、「あ、この商品、僕も好き」とか話しかけてくる。

まぁ、慣れないと、このスモールトークも面倒なんだけど(苦笑)。


■愛想の悪いサービスやたらい回し
超ムカツク…。
新コース+たらい回し
慣れても染まりたくないこと
I do not know


※アメリカ東部標準時の日時でアップしています。設定を変えると、過去の記事も全て日本時間に戻ってしまうようなので…。ブラス14時間が、現在の日本の日時です。
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。